忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 434241393832405437NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 数稿前に少し触れた話「三角合併」が今年、平成19・2007年5月に解禁される。「三角」とか「逆三角」とか、数学か柔術の様な響きなのだが、これについては幾分説明して方が良いかも知れない。【三角合併】とは何か。

 外国企業が日本に設立した子会社を通じて『株式交換で』日本企業を合併できるようになる、これが【三角合併】だ。

 例えばつまり、外国企業のA社があったとする。A社は日本の企業B社を吸収合併(乗っ取り)したい。そこで、A社は日本に子会社C(出資率100%)を設立する。実際買収において前面で動くのはこのC社なのだが、B社を吸収合併するにあたり、当然そのB社に支払われる対価が必要となる。この【三角合併】はその対価を、現金でなく親会社A社の株式でも可能とする。


 株主の方々は当然この事態を注意深く見つめ、或いは反対されているかとも思うが、起こり得る事態の一例を(株主にとって)言えば、

『日本企業の桃太郎株式会社の株主だったはずが、ある時いきなり良く知りもしないア○リカン・ハゲ○カ株式会社の株主にされてしまう』

という事だ。しかもその場合における(該当株の保有を嫌った)株主の株売却が可能な様にようやく整備されたとは言うものの、未だ不鮮明であるという。要は「やってみないと分からない」という状況だ。


そこで、

何故、買収にあたり『現金』でなく『株式交換』なのか、がポイントなのだ。
これは単純明快である。現金買収となると巨額の資金が必要だからだ。そこで、『株式交換』という手法が持ち上がる。これが認められると、巨額の資金を用意する事なく企業買収が可能となってしまう。金とてそうだが、株券という紙切れで企業買収が可能になってしまうのだ。


これを、常々米国はやかましく日本に対して要望していた。

 そして、前首相小泉は竹中らと共にこの糸口を作ってしまったのだ。これが、小泉が悪い意味でナショナリストだとグチグチ言われた割に色々分かっていなかった、と筆者が言う理由の一つである。こんな怪しげなモノ、良い意味で(悪い意味でも)ナショナリストであると言うならば簡単に認めるべきでない。当たり前だが、日本の首相や閣僚、官僚たるべきもの、日本の国益を鑑み優先せねばならぬのは今更言わねばならぬ事なのかと問いたい。一体何と量りにかけたのか。

そして、この5月にその【三角合併】が解禁となる。
体制を引き継いだ安倍首相は同様の方針なのか、「可能にする」と明言している様だ。


 筆者は基本、一部の民主党議員に非常に真っ当かつ有能であると見る先生がおれられるものの、野党の大半が非常に不健全な体質に堕ちていると判断する以上、現状自民党保守体制を出来うる限り支持はしたい。だが、創価学会公明党などのカルト利権にまみれる事などの様に、間違っている事、違うものは違うと提言させて頂く。幾ら日米同盟が、安保が重要であろうと簡単にクレてやってよいものとそうでないものがある。その辺りの距離感というものを我が国の代表の先生方には掴んでおいて頂かねば心配で心配でならない。若造が何を偉そうにと思われるやも知れぬが、これも我が国を大切に思うがゆえの苦言である。何とぞ御理解頂きたいと願うのみだ。


そして、
何故米国はここまで必死なのか。それは、やはり経済にある。経済の話しだから当然じゃないかと思われるかも知れぬが、帝国主義や軍事先行の風潮が吹き荒れた中世や近現代の時代と違い、近代とは経済そのものがその戦いの主舞台である(本当に経済のみの戦いとなってくれればそれはそれで平和で良いでないか)。だが忘れてはならないのが、究極その経済、利権、要はその『富』を巡って人間は常に国内なり国家間なりで戦争をしてきたのだ。決して侮ってはいけない。



そこでだ、
日米の経済をザックリにだが見てみよう。

まず日本。
やはり製造業などにおいて依然力を持つ国際競争力を有した貿易黒字国である。更には膨大な対外純資産残高(つまりは貸し借り差し引いて、お金を貸している)をもつ債権国でもある(※ただ、債務残高自体の対GDP比率は主要先進国中ズバ抜けて高い点は要注意)。所得収支も黒字。ただ、資本収支は流出超(マイナス)、である(ここ数年のその数字は顕著、大幅であり、つまりここに、小泉や安倍がマンマと騙くらかされる要因がある)。歳入歳出財務は赤字(これは※とリンクする)。

そして米国。
残念ながら製造業おいて、航空宇宙産業や軍事産業などを除きもはや国際競争力を失っている。貿易収支は気の毒な程の強烈な赤字。そして、これまた膨大な財政赤字。これがよく言われる「双子の赤字」である。そして、その経常収支(赤字)を支えているのが国債などによる債務、つまりは凄まじいまでの債務国(借金をしている)でもある。ただ、資本収支は超黒字。おまけだが、所得収支も黒字である。


これらを観れば、その「何故」が見えてくる。


 つまり、結論から言えば米国はもはや資本収支で収益性を上げてゆく構造しか無いのだ。

 貿易収支赤字においては日本円にして100兆前後、財政赤字は数十兆の辺りをウロウロしている米国経済とはそもそも本当に深刻であり、であるのにと言うべきか、であるからと言うべきか微妙なのだがアフガンやイラク等中東への対外軍事介入(戦争)に走る(軍事産業は潤う)。その戦費たるものも凄まじく、先に紹介したイラク戦費はあの時点で約96兆円だ。そしてその経常収支赤字を国債で埋める為に完全な債務超過国となっているのだが、国民は消費、という実態。まともな感覚で観れば、はっきり言って異常以外の何ものでもない。

 ここで重要なのが、その米国の経常収支赤字を融通というか後ろ立てというか、ファイナンスしているのが実は日本だったりする。その(米国債)保有額が割合にして約40%強という凄まじい保有額だ。という事はだ、米国が破綻すれば当然その米国債はタダの紙切れと化すのであるから、日本の打撃とはハンパでなく、つまりは共倒れする。ここにGDP世界第一位と第二位の国の熱烈なもたれ合いを見る訳だが、ここまでいくともう一蓮托生の部類である。日本の視点からみると大変危険に違いない。


つまり、

この様な状況を理解し、焦るがゆえに米国は世界市場における米国資本の参入及び収益性を上げる事柄に躍起なのだ。それ以外のなにものでもない。投資家の権利だのフェアネスだの、グローバルスタンダードなどといった一連の正義を装った旗印はその詐術に過ぎない。実は、先に扱ったEPA/FTAなどもその色合いを濃く持っている。



いかがか。

ここまで理解して頂ければ、何故米国が【三角合併】の解禁を欲しがるのかを理解して頂けるのではないかと思う。しかもその『オイシイ』と思える条件が日本にはゴロゴロ転がっているのだという事実も大きくある。では何故特に『オイシイ』と言えるのかといえば、

 日本企業はバブル崩壊以降、健全化へ向け不良債権処理などを懸命に行ってきた。それこそ末端にシワ寄せた血のにじむ様なリストラ路線を伴ってだ。当然、株価は下落し、資産は目減りし、デフレも相まってその時価総額は(米国企業などに比べ相当に)低く水準している。しかもそれを当の企業が、別に良し、としていた面もある。また、企業買収を含めた積極的に海外に打って出る方向よりもどちらかと言えば内需に甘んじる方向を選んだ企業も少なくはなかったという点、例えばそれが時に言われる携帯事業などで、圧倒的な技術をもっている通信キャリアもメーカーも国内でノホホンとしているうちに、気がつけば(メーカーに関して言えば)世界市場をノキアやモトローラに支配され、その隙間も、あろう事にパクリ大国のメーカー、(ほとんど半島唯一の希望たる)サムソンやLGなどに奪われている有様だったりする一面もある。何を言っているんだ、膨大な貿易収支黒字じゃないのか?と思われるかも知れないが、総資産の時価総額、という点を日本企業は大して気にも留めていなかったという事であり、その点、既にガチガチM&Aを繰り返し(弱肉強食的再編で時価総額、図体のやたらデカい)ていた米国企業とは明らかに違う。であるから【M&A】【三角合併】といった事柄自体が、またぞろ「黒船来航」の様に見えてくる。


 つまりだ、安いだけでなくちゃんとしたノウハウも顧客も持っている現在の日本企業は、その企業価値に比べて明らかに時価総額が低く、本来より安いのだから完全に『買い』対象なのだ。しかも!その企業は【世界最高水準の技術】を持っている場合が多い。「モノつくりにっぽん」を支える高技術を有す中小、例えば部品メーカーなどはその最たるものでないか。



 何れにせよ、まさにハゲタカにしてみれば濡れ手に粟、ヨダレが出てくる様な話しだ。この様な、紙切れによる実際に金が動かぬ買収が如何に『オイシイ』か、必死になる訳である。





 ただ、日本人というか、日本の商売人も馬鹿ではない。
利益の為なら売国も厭わず、といった残念な発言をしてしまう国家観無き経済的売国奴が幾らか存在してしまう経団連も流石に、それはちょっとまった!と歯止めを掛けようとしている。

これも、ホリエモンやら村上の様なハゲタカファンドの先兵が出て来た事によって問題が顕在化したのが或る意味良かったのかも知れないとすら思える。結果オーライというやつか。


そして解禁時期の引き延ばしと共にこういった提言がなされていた様だが。




○日本に上場していない株式を対価とする合併の要件は、特殊決議(株主数で半数以上かつ決議権で3分の2以上の賛成が必要)とするなど厳格化

○敵対的買収社による合併を規制する「事業者結合規制立法」を整備

○TOB(株式公開買い付け)の対価が日本に上場していない株式などの場合、株主に現金との選択権を与える

○多用な種類株や防衛策を可能にするよう、株式の上場規則を見直し

○外為法の輸出規制の対象を生産や技術に関する知的財産権にまで拡大

○事業の実体の無いペーパーカンパニーを通じた三角合併については、株式交換時の「課税繰り延べ」を認めない




成る程。これくらいしっかりしていればある程度安心も出来る。だが、

「外国からの投資をより容易にし、5年間で倍にしたい。具体的には5月から三角合併が確実に出来るようにする」

と、最近頼りない安倍首相はこう言い、それに呼応する様に「課税繰り延べ」が認められる方向だという。やはり安倍首相は三角合併を是とした小泉路線を踏襲する様である。これによってただ海外からの良質な投資が得られると本当に思っているのだろうか?まさかこの様な事をまったく検討していないとも考えにくいのだが、だとしたらその着地点は一体何処なのか?それがよもやリアリズムから浮いた「お花畑」であるまいな、と大変に危惧するのだ。

 EUは大きな海外直接投資を得ている、と言うが、それでもEUは【三角合併】を解禁せず、それどころかちゃんと『規制強化』の方向に動いているという。アメリカンスタンダードたるグローバルスタンダードなる詐術に、簡単には騙されはしない彼らは正しい。と筆者は思う。彼ら(EU)は米国のやり方というものを良く知っている。そしてそれに対抗する方策を少なからず出して来る。ファストフードの利便性と安価性のみに依った消費者の利益・フェアネス(公平性)を宣伝する押し付けに対し、そういった利便性や安価性のみに依らない地域社会の結びつきや諸々の価値こそが我々にとっては重要である、と打ち出して来たスローフードがまさにそれだ。これは実に理にかなった話しであり、よくよく知って欲しいのだが、スローフードとは有機野菜を食べる事ではない、という事。こういった考えを軽視すると、商店が軒並み閉店しているシャッター街が突如として現れてくる事となり、その時になって慌てふためく。



せっかくだから先の「課税繰り延べ」も説明しておこう。
冒頭の【三角合併】の説明部分をもう一度見て欲しい。

 A社がB社を買収するにあたり新会社Cをもって合併に向かうのだが、その対価を現金でなくA社の株式をもって行う。この際、B社の元々の株主はA社の株を保有する事にされ、その時、税法上では時価で売却(そしてA株購入)したとみなされ、株を売らなくても譲渡益に課税がされるはずだった。これにより、一連の規制同様に実体の無いペーパーカンパニーなどによる身の無い買収はこれを嫌う株主が増え、株主による厳しいチェック機能が働く事を期待出来たのだが、今回その新会社Cが準備業務をしていれば(役所への許認可申請や広告は準備とみなす、とある)、課税は繰り延べるという方向のようだ。つまりは実際にA社の株を売却するまで課税はされないという事。これが株主の為と言ったところで、どこに有利に働くかは自明だろう。それは買収企業のA社だ。




これらが、この平成19年・2007年5月に解禁となる【三角合併】のおおよその姿である。そして筆者は、これを過ちだと考える。早々に再考すべきだ。



 かつての英国がそうであった様に、経済的な覇権もやがて収束すれば資本収支型(簡単に言えば、金を貸したり投資したりで利益を上げる)へ移行してゆく、という説もあり、いずれは日本もそう流れていくばずだとする意見もある。確かに理解は出来るが、しかし必ずしもそうならねばならないという道理はないのではないか。違うモデルは必ずあるはずである。例えばそれが、人件費に依存したコストダウンによる製造業と一線を画したハイレベルな「モノづくり」であり、日本が進むべき方向でないか。現状でも日本は自動車、家電などエレクトロニクスでは世界最高水準を維持しており、ロボットの様な独自技術でも他の追随を許さない程のレベルとシェアを誇る。この技術こそが究極の生命線だろう。そういった意味でも、これらの詐術はそれすらをも危うくする危険性を大きくはらんでいる。



 ただ、幾多の論客提言に見る様に外交交渉も商売も言うならばそれは確かに取引だ。お互いがどこかしらで、何れかに得が有り、何れかに損があるという相互扶助の関係性が少なからず無ければ、例えば一方のみがシコタマ儲けてもう一方には何も与えない、という態度ではまず成り立たない。それは当然の事だろう。であるから、米国が「少しは俺たちにも儲けさせろよ」というのも幾分は理の有る事だと言える。彼らが作ろうとした形とは言え、安全保障やそれにまつわる情報に関しては恩着せがましいものの、世話になっている部分があるのも間違いない部分でもある。それがあるから、お人好し国家は常々あれやこれやの要望に配慮するのだが、それもあまりに無茶な要求ばかりしてくるならばその時は、故橋本首相ではないが、




(米国債を)売りたいなあ…」




つぶやいて見せるくらいの事をカマすのも一つの手だ。実際にそれが容易であろうがなかろうが、どっちにしろ言っただけで株価が下がるから顔を真っ赤にして怒りたいだろうが、頼むから勘弁してくれと言ってくるだろう。

外交とはそのくらいの事もやらねばならない。

時もある
PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]