忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 235234233229228227226225222221220NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本はその実力を発揮する為にも、
「どっち方向・どこ方向だろうが」他国SPYや支援を受ける水面下の売国動乱を何とかせねばならない。それが、その他諸々連鎖影響するスパイ防止法とカルト規制法だ。

真に日本の事を思う政治家や、その支援者達。政治主導の元にある行政(公務員制度改革は必ず更に善いものへ)

 所でそのスパイ防止法等に関連して、対SPY機関を設立、その人材として、現在残念ながらその水面下で動乱する組織から優秀な諜報能力を持つ人材を採用する事を視野に入れて考える事も可能である(情報収集能力、整理整頓・結合・分析能力、その使用能力等々)。それなりの大きな予算があってこれはしかるべしで、十分に意味があるものであり、むしろ防衛軍事予算から幾らかスライド等を考えてもよい。大変重要なもので、優秀な人材が必要である(はっきり言って、それらの中に現在のその辺の政治家や官僚等より遥かに優秀な人物が相当居る/パート・スペシャリストも)。勿論、服務規定は厳しいものとし、しかし相応の給与を含めた待遇をもってこれを遇し、これらによって彼等には祖国防衛の誇り高き守るべきものが現れる。現在の能力を更に磨き、国民市民、来日外国人、祖国日本の防衛にあたってもらう。日本は、こういった諜報も防衛を中心に考えて在っていい。



 何れにせよ日本が本気で国家、日本や国民、更には世界の事を思うなら、まず売国馬鹿は必要無いどころかやっぱり害悪なのだ。冷徹な目で見てまず使えない。ただ、これも変わればいい話だが、まあ以下の辺りがどうなるのか、本当にマトモになってきたら嬉しい驚きである。誰も迷惑しないし、例えば、迷惑どころか「化けた」そのまんま東・宮崎県知事の様に(まあ賛否はそれはあるだろうが)。とこう言うと彼に失礼か。別に彼は元々売国馬鹿でもなかろうし(笑)

例えばだが極端な例として、もう言うまでも無く何度も言及してきたが私が大嫌いな旧社会党・現社民党のどいつもこいつもをとってもどうにもならん様なのばかりで、党首・福島瑞穂や赤軍かぶれピースボート・横領実刑で選挙区落選・比例ゾンビの辻元きよみ、真性売国・岡崎トミ子や横路、山崎拓や加藤紘一、(平沢勝栄も胡散臭いか)等々等等。例えば評論家やアナリストとしても田嶋陽子や森永卓郎の様なのは。見たまんま議員なら議席を与えた所で何の役にも立たないどころか害悪ばかりであり、ただ田嶋や森永卓郎のようなのを含め、例えばだが「瞬間湯沸かし器」の異名を持つ三宅先生やハマコーさんの様な人と議論を闘わせるとやたらめったら面白いが。まあ、そういう別途の例もあるが、特に議員にしろそれならばもっと優秀な人、若手でも、別に年寄りでもいいから内容のある人物が出て来て活躍出来るというものだ。

所で、冒頭にある様に売国は「どっち方向」だろうとそんなものは同じである。
つまり、何度も述べて来た様に米国方向、或いはイスラエル系とか、まあ国家的な捉え方や伏魔殿的捉え方や色々可能だが、ああ、面倒臭いな、、
まあ例えば、特に小泉、竹中、中川(秀)などの系統周辺には米国系スパイがウヨウヨいるという事であり何度もそう述べてきた事だ。

小泉は、正直言うと私はこの人も嫌いじゃなかったのだ。
威勢がよくて歯切れもよく、面白いし、中々政治家として見栄えも良い(結構男前だろう)。
しかし、やってきた政策内容はその通り酷いもんだ。
つまり、これも勿体無かった。

それにしてもしかしこの男は、内容の方は上記の通りだがやはり嗅覚が相当鋭い様で、身の振り方というか出し入れもあっさりしたもので、「これはマズい…」となるとソソクサと退場していった。戦略は駄目だが、戦術というか、現場の兵用が叩き上げてきた巧みな感じ、とでも言おうか。

取り敢えず、ある意味面白い人物だった。



何だったか、、
戻って、そう



ずっとこの辺りの事も言いたかったのだ。

したがって、現在の政治に横たわる病巣も一斉手術が当然望ましい。

政治家達や政府・行政が真に内容のある人物達でなければ、これらを支える皆の苦労が報われない。

低質、カルト、(どこ方向だろうが)売国馬鹿は徹底的にこの際(衆院選)で叩き落とすべきである。
逆に言えば内容のある人物をよくよく国民に知って分かって欲しい。今は(今までは)やや問題があった人物でもこれを改めて邁進する事もあるならば、大変に喜ばしい


そして日本を思う事は、それはまず日本と日本国民の利益と生命財産を優先する事であるが、

日本としては(潜在的を含め)規模と実力と現状を鑑み、周辺のアジアからやはり世界の事をも慮りに入れるべきであり(ただし、単なるエゴ・欲と分断工作である反日愛国・民族主義等には一切付き合わない。これからの脱却と真の協力と安定を目指す)、現在の米国の様な徹頭徹尾・自国利益固執状態には決して落ち入らせてはならない。

まず、台湾や(中台両岸問題も)、韓国の正常化から朝鮮半島大解決(半島統一)、この非常に発展した中進地域とのパートナーシップを早く確立したいものである。まだまだ発展途上ではあるが目覚ましいASEAN東南アジア、これは諸々の状況から考えてこれからも充分に協力関係を深める事が出来るしこれからの意義も深い。チャイナもこういった状況から巻き込みたい訳である。同じく人的大国であり大きな発展途上であるインド等も。

取り敢えず中朝韓という特定アジアも伏魔殿のロクデモない手下として迷惑この上ないのだが、ずっと言い続けている様にこれは親玉をどうにかせねばならないのは当然だが、手下が手下をやめてしまえば済む話でもある。

また欧州との協力が望ましいとは以前からずっと述べる所だ。その経路にある友好国を忘れてはいないだろうか。トルコだ。彼等はEU方面との結合に心が向かっている様だが(キプロス等の問題で反発している部分もある)、それはそれで構わないのだがアジアとしての関係性や日本との歴史的友好関係は多いに深めたいものである。

ロシアと欧州の敵対は何も産まず、単なる対立構造構築でしかない。これはやってはならないし、現状としてまだ燻っている様だが回避出来ると思われる。日本は、重ね重ねこれを仲介したいものだ。ロシアとも協力出来る。多極自立安定に向かう述べた策で、たった今まだ叩きまくられているロシアを、恩を売るという訳ではないが仲介し協力出来る関係へとその関係を育てるべきだ。株式市場が操作されているなら(かなり下落させられている様だ)、将来的には化石燃料依存脱却が至上命題ではあるが、原油や天然ガス、エネルギー関連株から購入、買収なりすれば市場も双方的に助かる。日本としては直近のエネルギー源確保も重要である。ロシアは資源国で、実にマッチングする。


またチャイナやインド等の超人的大国の資源爆食は、
これは高度な科学技術が無ければ到底解決緩和出来ない。
日本はその技術を持っている。欧州もその技術は非常に高い。この分野では完全にライバルだが、フェアーなエコ(地球環境保守)合戦なら望む所であり、将来を考えれば大変望ましい事である
。折り合いのつく対価をもってこれらを競い移転売買すれば非常に良い。
彼等の国からしても、現在の技術では忌むべき多大な環境汚染や非効率も望ましい訳が無いのだから。
(※例えばこういう現実というのもあるので、是非見て欲しい。七色の河などは大変分かり易い。ちょっとリンクさせてもらうが、
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070518_world_dirtiest_cities/ )


この国々の直近の原油・天然ガス等資源膨大消費やロスが抑えられれば、他が使える量も増える。排出権の考え方と同方向のものだ。
これもwin winの取引きである。



よくよく考えれば、アジア経路、以前、安倍晋三前首相、麻生太郎現自民幹事長(※現首相)、竹村健一氏やその辺りから提起された「(自由と)繁栄の弧」はこのラインでもある。現在、わざわざ揉めさせられているグルジア(BTCパイプライン等があり)はトルコやアゼルバイジャン、カスピ海、ロシアから欧州へと繋がる道。

繋がっている。日本はその何れとも協力が出来る



つまり、日本よ、はやく要らぬ部分、あってはならぬ部分病巣を手術し回復し、
政策論争や選挙は幾らでも戦ってお祭り騒ぎすればいい、

その上で、根本的な部分で要らぬ対立をしている場合でないと言うのである。

新生日本丸を早く出航させたいものだ。いや、させねばならない


踏み出せば未来は明るいんだ、日本よ、我が国よ





<08/9/15〜20:08/12/4僅かに改編>


追記:

所で、他の国の企業でもそうだろうが、
日本の企業にアドバイスして置きたいのが、

前にも述べた通り、買収した企業やそういった人々の、間違った横柄なものなら一向に構わないだろうが、そうでなくある尊厳をも踏みにじる様な真似はされないよう、とお伝えしたい。

買収や合併などで、もちろん彼等社員の職場も職も給料も保存され、これらは経済活動から生活まで当然の様に継続する。
例えば例のリーマンも概ね身の振り方が決まった様であるが、彼等の中にある普通の社員もそうだろうが優秀な社員人材、そういった存在を受け取ったならばこれを大切にもする事である。言うべき所は言い、改善すべき所はする、しかし大切に、そして新たな社員である彼等から得る所も大変多いはずである。会社はまた、仲間でもあるのだろうから。

であれば、社員達も、ああここになら買収されて、残りむしろ結果的に大変良かったと思うかもしれない。
そういうのが、善い事後処理、受け取り側の破綻処理である。




所で、日本国内にあるビッグバン時系列買い漁り企業のをしっかり取り返さんかい!日本の企業は。他の国も国内で、体力が無いならば仕方が無いが、そういったエゲツない買い漁りで後も妙な意図を残して活動している様なハゲタカ企業は、この期をもって正々堂々と破綻処理させ取り返す事である。

もうちょっと、更に落ちる時期を待っているのならば、それならいいが
或いは本丸落城でもそれはそれで賢明かとも思うが
引き付けて時期を待ち、ちゃんと取り返しな


PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]