忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 227226225222221220219218217216215NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、カルトだが

まず、ここで出て来るものにはキリスト系カルトが多いが、前から述べる通りそれらは当のキリスト教(や仏教等その、勝手に語られる宗派)からは「異端と言うより、そもそもキリスト教(語られる宗派)ですらない」と批判されている。

カルトがとにもかくにも社会や人々を傷付け、世代を越えてまで闇を植え付け苦しめるだけである故に、これまでもイヤという程、こんなものを放置していてはならないと述べて来ていた様に、その辺りについてはその通りである。こんなものはあってはならない。重犯罪が許されないのと同じ事である。人の生命や尊厳を無闇に傷付ける様な自由は、誰にとってもお互いにない。言うまでもないが、

カルト等というものは実態として単なる洗脳である

ただし、洗脳というものは、先にも述べた様にイデオロギーの様なものにも散見する訳で
つまりこれらが権力者の道具として使用するのに実に有効であるのは、どうみたってそのままその通りなのだ。

これほど動かし易いコマ、道具は無い。

そう、カルトとは大概がまず権力者の犬である
でなければこんなもん、あるべく取り締まりで終いだ。
それが中々ならないのは、その親玉筋が、使い易いから出来れば手放したくないと思ったりするからだ。つまり、その親玉らが外道なのである。何度も憤りを交えて述べていた理由の一つだ。


「断言する」の所はこういう事象も含めて述べている。


ここで注目するのは、更にカルトの意味する所。

カルトの内容というのはそういうものなので、まあよく見た方がそれは分かり易かろうがそんなものはどうでもいい。
(※大体、例えばそのモルモンやエホバ、サイエントロジー、創価学会や統一教会やその他諸々、各国にあろうそのカルトの言う事を聞いたり見たりしていればそれは言うまでも無いだろう。とにかく阿呆で、気持ち悪い上に悪い、と酷いもんだ…/呆)

しかし、これらが伏魔殿の犬である以上その傾向や見える事象というものが多々散りばめられていたりもする。

かと言って、これを読む貴方が、興味をもってのめり込んだりしないように。



そう、例えばこれも、発生した年次等もよく見る事である。



モルモン教が出てきたのは、これはごく新興としてはそこそこ古く、1830年代
エホバの証人が、1870年代。二代目に交代したのが1917年。ここはちょっと見ておくべき事象が在る。1954年、サイエントロジー発生


 ええと、創価統一教会の発生時がどうだったかは、まあ似た様なものなのでここではちょっとおいておくが(面倒)、取り敢えずその創価の池田大作にしたって、あのサーベラス辺りの所やサラ金系統を見ていて知ったのだが、元々サラ金業者だったのである。自らを再臨キリスト、メシアだと主張し、韓国朝鮮人を中心として世界が統一がどうと、阿呆丸出し、気持ち悪さ満点の主張をする統一教会の文鮮明も、どうもずっと地下活動や何かに明け暮れていた類いである様だ。元々その当時から伏魔殿の煽動犬として使われ始めていたのかもしれない。その氏素性がどうとかそういう問題でなく、何時も言う様にやっている事が駄目だからこいつらは駄目なのだ。私が何より腹が立つのは、その自分達のコンプレックスを子弟にまで植え込んで闇を振り撒き、世代を越えてまで無駄な確執を煽るその行いである。どれだけそれで世の中の人々が嫌な思いをし、それどころか皆が苦しんでいるか。無論、その上記本家カルト、その他各地にあるカルトも同じく。

戻って、

その上記三つ、その年次も相当な意味を物語る。
無論それはこれまで見て来た事象を含め、それなりに網羅した上でだが



1830年代周辺。

1815年にはワーテルロー戦争/ネイサントリック
そして30年にはフランス革命欧州革命とその辺りは正に動乱の時期。

1870年代は先の正規の方のキリスト教で示した様に、
その周辺は、

1870年代、財政難に喘ぐバチカンに資金援助を行ない取り入ったのがまたロスチャイルド家
1869〜1870年、第一回バチカン公会議(教皇首位説、教皇不可謬説等について)1870年普仏戦争(プロイセン勝利)
欧州関与方面で特筆するべきものはスエズ運河の開通

1917年、思い切り第一次世界大戦周辺
ロシア革命の時期だ。

1954年、何と言っても Bilderberg だろう。



犬もこういった節目というか、何かある時期に設置されてきたものでもある。


PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]