忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 237232231230235234233229228227226NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


<酒、タバコ>

そう言えば、煙草問題。
タバコについても色々揉めているというか、せめぎ合いがあるようだ。

ヨーロッパ、米国でもキャンペーンがある模様だが、
これについては確か何度か触れた様に以前から欧州では規制が強い傾向。
レストランやバーなども含め、公共の場での完全禁煙が進んでいる所も多く、故にスモーカーは、例えば真冬でもわざわざ店から道路に這い出して来て、ガタガタ震えながらプカプカやらなければならない(笑)。また値段の方も、円に換算して一箱1000円前後という国もある。

米国は、例によって緩和緩和なのでこれに反対する傾向が強いが、
確かビル・ゲイツやブルームバーグ(NY市長)とかだったか、その辺りはタバコ規制に賛成していた様だった。

またちょっと笑えたのが、そう言えばモルモン教が団体をあげて「タバコ・フリーダム」とかのキャンペーン張っていた(苦笑)



まあ、副流煙というのも理解出来るし、
確かにちょっと吸わないと他人の煙は大層臭いものである。
故に、吸わない権利というものが言われる様になって、日本でも大分「公」での禁煙化が進んでいる。

また、上記欧州での値段規制というのは税制でもあり、これはまた財源ともなる。
日本でもこれが言われていて、社会福祉目的税とするという意見もある。

まあ、妥当な所だろう。
ただ、安易に取り易い所から毟ってちっとも行政の無駄を正さない、と言われる意見はもっともで、これはその税制の所でも述べた通り、真の改革を進めて行く上で正していかなけらばならない。

その上で、(私は)記述の社会保障税の一つとして財源にすればよいとも思う。

要は値段だが、まず500円、700円辺りが限度じゃなかろうか。
別に根拠は無いが(笑)。


 第一に、そこまで完全に煙草を禁止するのならば圧倒的な毒性が科学的に立証された時だろう。つまり、なにかの嗜好品の毒性を言うならば、アルコールなども思い切りそうで、恐らく扱いとして似た様な位置だろう(やや酒がポピュラー)。人はアルコールで死ぬ事もある(※急性アルコール中毒やアルコール依存症などが、誰でもまず知っている症例だろう)

しかし、禁酒令やなんかの様に、嗜好品にまで何でもかんでも完全規制をし出したら、それはそれでしんどい世の中でもある。
ただ、飲酒による無謀運転や、要は飲酒運転などそういった副次的悪辣行為を厳しく取り締まる事だろう。

 煙草は、それにより発病率も上がるのだったら、恐らくまず間違いなくやっかいになる医療等そのぶんの社会保障税を払う、というのももっともだろうし、まして他人に副流煙を吸わせてしまう事も考えればある程度は仕方はない。こういった状態で、まあ嗜好品として吸う人の権利もちょっとは認めてやるべきだろう。そう、吸わない権利ももっともなのだが、猛烈な禁煙制の進み方だと吸う人は何処でも、ごく限られた個室で細々としか吸えなくなってしまう。

ただ、ここはまた科学の出番でもあるのでないだろうか。
優れた分煙機能の空気清浄機とか、分煙機というのも無くはないだろうし、その開発が進んでもいいのではないだろうか。
そうすればもう少し喫煙者も可能エリアが残されて(笑)、胸を撫で下ろす事もあるだろう。
それにこの技術・開発はその他の煙などにも有効なのだろうし無駄にもならないだろう。


ああ、私の立場というか状況を明らかにするならば、上記の様な内容で規制やむなし、とする、ちょっぴり喫煙者である。



PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]