忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 1516171819202122232426NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ないない大辞典

 先日、マスメディアの信頼性に関わる事象について口が酸っぱくなる程言ったそのそばから今度は関西テレビの「あるある大辞典」が番組内情報(納豆ダイエットがどうだとか)の捏造をやらかしたとの事。フジ系列で全国ネットする超人気の同番組、その後の情報では「週刊朝日」の取材した情報を謝罪会見で盗用までしたとの疑惑が浮上しているらしい。これでは「あるある」どころか「あるかも大辞典」更には「ないない大辞典」と揶揄されかねず、それどころか番組の打ち切りすらあるかもしれない。

メディアのインチキもういい加減にしてくれないだろうか…疲れて仕方がない。



そのまんま当選

 官製談合事件で逮捕された前知事の辞職に伴うこの選挙。自民・公明が推薦する持永氏と一部自民支部、民主や社民が推薦した川村氏、この2者が保守の票を食い合うのを尻目に、なんとそのまんま東が走り抜け当選、知事の椅子に座ってしまった。出直し選の理由が理由だけに「しがらみの無さ」は分かるが、果たしてこれでいいのだろうか。彼が畑違いの出身でも石原慎太郎や田中康夫の様な大物政治家になるとはとても思えない。とは恐らく多くの宮崎県民の方々も思われる所だろう。しかし選んでしまったのだ。その責任は県民にも当然ある。選挙とはそういうものだから。

 ただ、知事報酬の一部カットはともかく「知事退職金は出来高払い制。議会で承認されなければ、退職金なしでいい」というこの姿勢は評価すべきか。その意気込みを維持し、任期中議会に引きずり降ろされずに、あるのならばその能力を発揮し、まさかの大物知事に化けたのならばそれはそれで怒る者も不幸になる者も居ない。そのまんまではなく(コケる)予想を裏切って見せよ。




デスノート

 映画「デスノート」の後編「デスノート ザ・ラストネーム」(11月公開)が既に興行収入51億円、観客動員415万人を突破したとの事。まさに破竹の勢いだ。
詳しい事は知らないが(ならば書くな)、同作品は香港や韓国などアジア方面でも上演、世界中の配給会社からのオファー、またハリウッドを含む海外数十社からリメークのオファーが殺到しているとの事。同作品アニメ版(日テレ)も北米でのネット配信を許諾したという。私も映画や現在放送中のアニメを堪能しているが、それにしても物凄い勢いだ。

 そう言えば、アメリカ人の友人にファンがいて、既に同アニメ版を見たと言っていたのを不思議に思い(既に北米で放送?日本の物を入手か?しかし彼女は日本語を勉強中で堪能ではない)、聞いてみるとyou tubeで見ていると言っていた(既に英語字幕サブタイトル付き)。色々と取り質されるyou tubeだが、有益な半面確かに著作権の観点からは問題が有りそうだ。彼女は映画やアニメなど色んな作品があるが、自分は吹き替え版でなくそのままのオリジナルを見たいのだ、と熱く語っていた。成る程、それは私も良く分かる。そう言えばハリウッド物などを観る時も大体字幕(サブタイトル)版を選ぶ。ジャッキー・チェンが吹き替え版のあの声でなければイヤなのは数少ない例外なのだ。

 ともかく、日本の漫画、アニメ、J-Rock(完全にV系が先攻している)や映画(こちらはホラー)の海外での人気が相当な物であるのを皆さんは御存知だろうか。私もイタリアに住んでいた時など特に肌でそれを感じたのを覚えている。
このデスノートという作品はまたその様に世界中を駆け回るのだろう。
それにしても、自国に出回る前から何としてでも観たいという程のファンが海外にもいるとは、書き手冥利尽きると言うもの。大したものだ。



バンド

 上記に関連するのだが、世界でも人気を集めるJ-RockはV(ヴィジュアル)系(私などアメリカ人にジャンヌダルクやムックの素晴らしさを切々と語られ、フランス人にガクトを語られた事すらある(笑)Vではないがイタリア人に林檎ちゃん話を延々とされた事も)。
 その中から、Yoshiki(元X Japan)とガクト、そしてSugizo(元luna see)らが新たなバンドを結成する、との話を少し前に情報提供頂いた。「俺たちはそれぞれ個性的でワガママ、だから上手くいかないと思う人もいるかもしれないけど、アジア人として世界のトップを取る」とはガクト。良く言った、カッコイイじゃないか。確かに今その土壌としては十分に戦える良い時期だ。見通しの無い挑戦でもない。「メンツに負けないインパクトの爆音ロックを期待してほしい」とはSugizo。それは早く聞いてみたいものだ。

それにしても、現在の海外Vファン達はYoshikiを知っているのかな?

PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]