忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
123456NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もしも。





私が間違っていると思う、理不尽な程に強力な権力

「力が欲しいか?」

そう聞かれたとしても

本質的にそんなものは要らない

本当に。

しかし、もしそれが存在してしまっていて
それを誰もが渇望してしまい、争い
それが間違った方へ間違った方へと行くならば

受け取るだろう。


そして、無用な争いとその火種を治め、人の最低限守るべき尊厳、そのシステムを作って

そしてそんな地位は廃し、とっとと辞めて、




歌を歌ったり、本読んだり、ウダウダとお喋りをしたり

野球とかスポーツして、ブラブラ歩いて、遊んで、仕事して

デートして

普通に過ごしたい。

そして他愛のない夢への歩み。









リアルに有していそうな辺りの権力
逆進的に配されたかの様な権力

あるなら、出来るならそれらを皆と同じ所に引っ張り出す




その国でも地域でも民族とか何でもいい、決して踏み付けたり滅したりはしない

負の連鎖はずっと続いていた。今の力がどうでなく色々な色にずっと

その間違った力を失わせてしまいたい

そして上も下もない友達になろうと言いたい

でも、そういった経緯で私の事が嫌いだと言うならそれでもいい

他の人々と仲良く、いや普通にいけばそれでいい

それでいい






どんなだろうね

奪い合いの境地から解き放たれた心

徐々に解かれて和んで

そりゃあ国とか言葉が違ったり、色が違ったり、何か違ったりで物珍しくて目立ったりする事もあるだろうけど

本当に、無駄に増幅された憎悪や偏見が、宙に霧散する様に消え

普通に、

決してやっちゃならない尊厳だけは何としても守る理性と勇気と

普通に、

喜怒哀楽の感情が音楽の様に踊る人々の生活

激しいかも知れない。穏やかかも知れない。







理想?

そうだね。

理想だ。


あれだけリアルがどうとか言っていたクセに甘っちょろい?

そうだね。

でも、

それが夢と言うなら夢でもあるんだ。




無理だと思う?

難しいかもね。


でもね、


この人の世は誰が為しているの?

人でしょう。

所詮、人。されど人。でもたかが人。


多分誰もが望むモノは、人がやろうと思えば

きっと出来る







宇宙から見たら小さなアメ玉みたいな地球

そこに微生物の様に蠢いて生きる人間

小さい

でもその微生物の意識は宇宙にまで向いていたり

その精神性には神々しいまでのものが、タマにあったり



何だか不思議な存在。でもそう言うなら何もかもが不思議か。




生きていくでしょう?

面倒臭い

でも俺は生きたい。

みんな生きて欲しい。




ミクロに観た厳正なルールはその生についても必要で、
また、喜怒哀楽と共に好き嫌いみたいな分別のある偏見というのはルールに縛られない

教育は全ての基本


多分、自由ってそんなもん







大乗的に観てここに発するある種の夢 これとはほぼ全く無関係とも思える、私個人の実に他愛の無いちっぽけな夢

これは全く極端な程に遠く位置して

ある時、融合する


無駄に争い波及して削り取られる生命と精神

個の闇、集団の闇

偏見、憎しみ

それらが可能な限り、広がらないシステム

守られる公平、尊厳、自由


理性と感情があたかも独立したかの様な融合





無駄に争い削り取られる生命と精神

こんなものから人々が限りなく解放される

これこそが本当の自由




嗚呼、何て陳腐な言い草だろう。
恥ずかしくなる程に。


しかし、こうなのだ。








そんな余計な心配をしなくてもいい、何にも気にしないでいい。

朗らかに太陽が照らし、そよぐ風が草を浪の様に揺らす

穏やかに。


何にも気にしないで

大地に寝そべって空を眺める

鳥が飛ぶ

誰かの楽しそうな笑い声



ゆらゆらと居眠り

あくび



そんな日が

いつか来るかな





PR
以前から考えていた事。
しかし、まあ嫌がらせは何時ものことだが(本当にしつこいものだ。だから、その労力を別のよい方向へ向けろというのである。)、色々とゴチャゴチャいった雑音、また、何かしら意図しない派生が生ずる事もあるのかも知れない可能性、そういったものを考慮していた部分もあってこれを語るべきなのか、そして後に語るためなのか、置いておいたもの。そういうものもある。しかし、、



所で、伏魔殿は、通常の嫌がらせではなくどうも最近私をイジメ?ているらしい。相変わらず、小さいなあ。

親玉は悪くて頭がいい様なのに妙に単純なような、
とりあえず、手下のワンワンが鬱陶しい事を続けているが。

無論全て言わないが、今一こいつらが何をしたがっているのかよく分からない部分もあったり、とりあえず鬱陶しく面倒くさく、単に嫌がらせているだけなのだったら心底小さく、残念なことである。また、もういい加減分かっただろう。私に洗脳は通じない。そして…

だから…、それとも君らが全部私の手下になるか?(笑)
仲良くしようと言うのなら、そうでなくとも普通に方法はあるはずだ。
君らが悪くなくなればいいだけの話。言っていた意味はそういう至極単純な目的であったり。

また、ようやく何事につけても勝利だなんだと余り言わなくもなってきた様で、勘違いかな?しかし、これも少しは変化してきている証なのだろうか、悪くない。そして、これは本当に勝ちとか負けとかいったものでないという事も、また後にでも語ろうかとも思っていたのだが、どうも伏魔殿にもそう捉えているのはいる様なのだ。親玉周辺でも。

また、シティの取締役だったかその辺りが、
君がそこまで苛立つのは、それがとても大変な事で、一朝一夕に変える事が出来るものでなく、そしてそれを誰よりも君が知っているから
といった様な意味の事を言っていたのを目の端に覚えている。
よく分かってるじゃないか。だったらその人らなら前述の意味も分かるはずだ。多分。

分かりやすく言うために、敢えて、無理矢理、勝ちとかそういう表現をするならば、私の勝ちは、私一人の勝ちを意味しない。そして、私の負けは、私一人の負けを意味しない。無論、これは私の思考空間での捉えた価値のあり方だから、意味が分からないとなれば、もっと分かりやすく表現する事も可能だが、今はこの表現にしておきたい。まあ、もうほとんど既に述べているが。それもだから、前述の通り分かる人はいるはずだ。






冒頭と繋げて。



そうだね

夢みたいな話。

しかしそれを語るのに、

一々そんなものを気にしていてもつまらない



<もうそんな季節>


そう言えば、

俺はあんまり宗教というものは入れ込んでなくて、どっちかと言うと、、、
まあその辺は何回も述べて来た事だからそれに譲るとして、

自然崇拝的なお祈り、そういう感じがメインの
しかしまあ敢えて言うなら神道で、けどうちにはその他にも仏壇もあって系統は禅宗との事。
しかしクリスマスも祝ったりもする。色々ありなんだよ


で、何が言いたいかと言えば


もうすぐクリスマスの季節だなあ


俺は、前述の感じだから別にキリスト教がどうというのはないが、でも何だかクリスマスは好きなんだ

街の雰囲気が楽しくていいじゃない、彩りとかも






これまで述べて来ている悪行三昧には、
述べて来た様に明らかに宗教利用みたいなものもあって、
そういう汚いやり方をする様になるようだと、クリスマスとかそういうのまで嫌になってきそうだ。

俺は、全然そういったリリジョンどうのというのではないのだけどアクセサリーでもクロスは結構好きで、
けど着けたくなくなってくるよな


な?

汚すな。

自分達の大切なものを












まあ、

もしキリスト教徒じゃないのにクロス着けるな、と言われたらこれはまいった事だが(笑)

そういやイタリアでも遺跡や美術館の他に、本当に沢山の教会も見学に行ったよ。荘厳で見応えのあるものも多かった。

ローマで、よく一緒に居たイタリアの女性に、クロスのアクセサリーを買ってたら「キリスト教なの?」て聞かれたりとか、
お祈りに付き合って教会に行ってたら「無理してお祈りしなくて大丈夫よ」って心配もされたけど、
まあ本当に別に妙な偏見はなかったんだけどね





<永久に>



さて、

この活動?呼掛け?執筆?何れでもあるこの活動も、もうしばしで続ける事は出来なくなる。
これは物理的な意味で、個人的な理由であり何らかの別な、圧力だとか、嫌がらせとか(まあ何時もあるが)、そういった理由ではない。しかし、日本や世界が少しでも良くなればいいと思う事にこれからも変わりは無い。


これも酷いものだ、あれも改善せねばならない、、
あれもこれも気になる事はあり、そしてまた出て来る。
幾ら時間があっても足りないが、それでもその中で僅かだがやるべきと決めた事をやってきた。

そして特に、何なのだこれはという世の不可解な事象の原因を観た。
そしてそれこそを変えねばならないと、これを読む貴方にも呼掛けた。

故に「本当に変える為に」、以降、乱雑な所もあるが、
それは世界も日本も、目の前の苦しんでいる人も、
皆困っている本当に苦しんでいる人々を少しでも救えたらと思った。
少しでも善くなればと思った。それのことだ。


例えそれが取るに足らない駄文でも、そこに僅かな可能性でもあるなら、何もやらないよりきっと意味があり、

そこに新しい未来がある。



今は澱んでいるが、

本来素晴らしい日本、そして素晴らしい世界は、より素晴らしい未来へと進み

再び言おう

そして永遠なれ







もう一つ述べておきたい事がある。無論、他にも言うなら幾らでもあるが、もう時間が無い。そして、これもそこそこ前に書いたものである事をお断りしておく。故に幾らか、その伏魔殿を突止めるにあたった内容と、いやかなり齟齬もあるかも知れない。しかし、大事な事だと思うのだ。

国内の選挙などにまつわる話。
しかし本質はそこでなく、やっぱり心だったりする。
だからそう、あの頃思った様に、単にいい加減に選挙をやって終わっていてもいけなかったと思う。

だからまた、その齟齬も、あまり気にしないで載せてしまおうか。
まるで心の中で囁く天使と悪魔の様だが(笑)。いや、この際も別に悪い事しろと囁く奴でもなくて、現実の様な幻想を、幻想の様な現実を。

どの目で見ていても結局大切なのは心なのだ。






憲法審査会をという声がある。

そう。これにより国家の根幹をなす問題を「もうええかげん認識しようやないか」と、これにより保守だろうがリベラルだろうが最低限レベルをわきまえている事が如何に大事であるかを確認し、その上で衆院選を。現状の民主党単独過半数は、まあないだろうがこれは避けるべきで(自民がこれ以上ヘマばかりしていたら可能性はなくもないわけで)あり、その為には自民はそれまでに本気で政治に取り組まねばならない。いや、民主だろうが自民だろうが政治家たるもの、だ。政争のテクニックもあろうが、今何が必要かを考えるべきであり、それは政治に対して誠実である事が信頼回復の一番の近道なのだという事。そうした上で、
現状延長的な2大政党論から与党が過半数を確保して変わらずねじれなので、、、と読売方式の大連立もそれはそれでありかもしれない。
或いは、そう
前に投げかけた問いかけはこの辺りにかかっているのである。
最低限のわきまえるべきラインを心得た政治家達の結集で、という、、、政界再編

これは最も危険な状況にある場合であり、さにあらぬ場合はもうちょっと工夫が出来るかも知れない。もちろんインチキをしようというのでなく、多少の知恵を絞ろうという意味である。

2大政党論にしろシャッフルにしろ、
或いはもう少しこれもあるかなと考えるのが3大政党論で、

(※三大政党論:簡単に3圏鼎立で、どれか一つ主要勢が無茶苦茶をし出した時に連立解消で<他の一方との連携も模索可能>素早くレジーム変化が可能だが、一方でこれは政権の安定性が弱くなる事も意味する。しかしつまり、米国の現共和党ブッシュ政権みたいな無茶苦茶を、これならもっと早く止める事が出来たかも知れない。全然違うがその大連立でもドイツみたいな話、保守・リベラルの大合従もある。読売が言っていたのはこういう話。)

何れにしろ、これらの知恵、工夫において私が最も必要だと重視するのが、日本、ひいては世界に害悪ばかり為す「最低限の一線すらを心得ていない政治家として失格」であるニセモノ(まあ、エゴ塗れだとか明らかに売国政治家であるとか)を如何にして衆院選で振るい落とすかにある。別に人間を辞めて貰うというのではない。政治家を辞めて貰い、我々と同じ一般市民に戻って貰うだけの事だ


 究極のところ、あくまで究極論だがそれさえ相当の率でなし得るなら、あのエゴ塗れの人権擁護・外国人参政権法案だとか、拉致無視とかそういった最低限のラインをわきまえない滅茶苦茶なものはその時点でちゃんと抑えられるのであるから、それ以外の政策的な多少の違いは現自民的であろうと現民主的であろうと、それは大いに議論を戦わせて決めてゆけば善い事なのである。私個人としては、余り自分をそう捉えてはいないのであるが、無理に2元論的に言うなら、真ん中やや右、中道右派くらいかもしれないとも思うが、まあ今までの意見や考え方を見て貰えば分かるかとも思うが、実にリベラル的な部分もある。かといって、やはり守るべき伝統や文化というものがあるのは譲れないが、妙な背景、反日なんやらとか汚げな意図のない真っ当な議論で、違う意見や考え方があるのはそれはそれで認めるものなのである。

ただ、米中心伏魔殿の悪辣で恥知らずな行ないに、多くの国々が巻き込まれる様に日本もあり(※追記)、教育やメディアが腐り、そういう結果を見る限り、私は私でそういった日本の、時に厳格で、大らかで、時に神秘的でもあるそれらを守りたいと主張するだろう。これは強く。ただ、それはその時の事であり前述が大事で、最低限ラインを心得た代表達、そして国民がみなで考えて行けばよいのだ。

その為に冒頭の一工夫を考えるのであり、政治家、メディアの役割は極めて重要である。喚起するのだ。その、何と言うか、妙に煽るのでなく呼び起こすのです。
時期が、解散があろうが無かろうがともかく少なくとも来年の秋には必ず任期満了となる事が決まっているのであるから。

 日本国民の代表である国会議員を選出するのであるから、
あくまでもまず日本と日本国民の事を考え、その国民が何を求めているか考えているかの意思を尊重代弁せねばならない。自分のみの利益を考えているだとか、恥知らずにも日本よりも外国民の利益を代弁している様な者は(該当国民と外国人の違いは立場として当たり前の事であり、権利においても当然違う事は以前にも触れた。日本国民が外国に行ったら、同じ様にその国では外国人なのだ。それは差別だのなんだのという問題ではなく、そう思ってしまうのは違いを認識出来ていないだけなのだ。そういった該当国民と外国人の権利というものも、以前から何度も言う様に、努力して、色々なモノを近づけて、最低限のラインなど価値観を共有していくことで、時間をかけて、徐々にEUの様な他国間共同体を構築する事でそれらの問題もやがて、実になだらかなものになっていくだろう。)、政治家としてまず完全に間違っておりそんなものは政治家としてあってはならないのである。極めて違憲的なのだ。いや、はっきり言って憲法違反だ。憲法は「主権は国民にあり」と宣言しているのだから。代議員は必ずその国民達の代表者として存在せねばならぬとうたわれているのであり、何せ27万人だったかに一人の割合の代表者である。自分、身内やもしくは特定少数の人、或いは外国の利益や思惑に極めて取り憑かれている様では、憲法違反を犯していると言われても仕方がないのだ。勿論、官僚とて同じ。大体からしてそういった場合は大抵に汚げな欲やエゴで塗れているものだ。

ともかくそういった事はあってならない大前提、最低限の一線であり、
その上でそして日本自身をより善くし、同時に世界の事をも慮り、善くしていくのが日本の政治家の使命である。

と私は思うのである。

日本は今、ねじれ国会だからとかそういうのでなく、それも実は現状の表れであると思うのだが、もう、何かを変えねばならないと思いませんか?

変わらなければならないと思いませんか?

世界からも、実は求められているのを感じませんか?

リーダーシップだとか偉そうに言うのでなく、世界のとある国、とある国、色々なところから、結構頼りにしたいと思われているのを

ちゃんと発信してよ。モノを言ってくれよ
日本、しっかりしてくれよ! 

というメッセージを


どうせ誰がやったって、、、 どうせ自分が考えたって、、、何も変わらない、、、、

そんな事はないのだ

断言する

そんな事は絶対にない

例えばあなたが有権者ならばその1票を現前と持っている

少しでも、考えて、分からなければ誰かに聞いてみて、調べてみて、話してみて

そして自分に問いかけてみて

何が大事か

減税減税だとか
懐とか目先の問題で本当かどうか分からん様な調子のいい話にばかりつられないで

本当に、私達の事、日本や世界の事を慮り考えているのは誰か

どの政治家が信頼出来るだろうか



やるだけやって駄目だったら泣きながら呑んだくれましょう(笑)
それでいい。また次もある。
しかし、もうここで大きく間違うとマズそうな程に逼迫しているのが分かるでしょう?

国内の細々した問題もそうだが、世界的に、
何だか妙な感じになってきているのをみんな感じているでしょう?
油が異常に高騰して、物価も上昇、為替も株も乱高下、
生活、或いは貧富格差に直撃して困り果て
挙げ句には暴動が起こったり
温暖化もそう。食料危機もそう
利権、民族、宗教、戦争


どうせ誰がやっても、、、、、

何となくどうにか、、、
誰か何とかしてくれ、、、



何となくどうにかなる事も、パ〜とヒーローが現れて何とかしてくれる事も、それはもしかしたらそんな事もあるかも知れません

しかし、そんな都合のいい事があんまり起こらないのは皆が知っているはずです



本当にどうにかしたい

変えたい

そう想ってほんの少しでも向き合ってみるのです



それはただ諦めるのでなく

ただ不平不満をわめくだけでなく

自分の苛立ちや憤り、闇とも向き合ってみて




やはり変えたいと思うならば

一言、私はこう思うんだけど、と発言してみたり

誰かに聞いてみたり

頑張って欲しいと思う人に一言を届けるだけでもいい




何か今の自分に出来る事をほんの少しでも





そういった一人一人の想いが

本当に皆の事を考えている人物の力になる

英雄、ヒーローと言うのならば、これが、

そんな人物を産み、育て、力を与えるのです



一人一人の想いがウネリを作る

ほんの少しの勇気である

それが、多少あれども、誰しもが必ず持っている

人の持つ神々しい精神なのである


あなたの中にも必ずその光は宿っている

闇と共に



自分が下らない。完全に悪い人間だ

とそう思って諦めかけてしまっている人がいたら

それは違う。それは錯覚、思い込みである



あなたの中にも必ずその光は宿っている

例え今は小さくとも

必ずその光は宿っていて、もっと輝かせる事がきっと出来る



みんなそうなのだ




私達は神でも仏でも天使でも悪魔でもない

人間である

光も闇も併せ持つ



鬼も悪魔も、それは人が恐れる何もかもを傷付ける闇の存在




もし戦うとするならば

本当に戦うべきものがあるのならば


それは心の闇である

どこかその辺にいる誰かではない






一人一人の想い

ほんの少しの勇気


それが何かを変える

世界を変える


そんな心の光は、あなたの心にも必ず宿っている















ねじれ国会の為に衆院と参院の意思が相殺する様に物事を止めてしまう。

そうすると「参院なんてもういらん」等と言い出す人もいるが、
結局現在の状態をよく現しているのだろう。

個々詳細にここで羅列するのは面倒なのでそれは避けるが、安全保障、憲法問題、そして外国人参政権・人権擁護法案問題等等、国家の根幹に関わる様な問題について明らかに野党の大多数が認識出来ていない、捉え切れていない、間違っており、それは創価公明も当然だが与党自民の中にもそんな残念な人物がいる。

かといって、与党自民に全てを任せられる能力、判断能力、誠実さ、真摯さ等があるのかと言うと、
もうフザケンないい加減にしろと国民は感じている部分がある

あっちもこっちも嘘ばかりだ

やってはならない最低限のラインを心得ていない者があまりにも多過ぎる



民主の意図というのは、こちらもそれはもちろん真っ当な議員が多く居るのも分かっているが、自民が抱え込んでしまっている「論外」議員より、より数が多く危険性を孕んでいるのだ。
まあそれを言うなら、明らかに宗教団体(というよりカルト)である創価学会公明党を自民党は抱えており、
逆に民主の方には統一教会が回っただとか、そんな話が前からあったものであるが、
そんな様はまるで、
政治の堕落、法の堕落、つまりは我々国民の愚かさ加減、苛立ち、駄目っぷりを表してもいるのである。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


ついでなので付け加えるが、政教分離もこれは守るべきライン、原則である。
宗教は、基本、政治に関与すべきでない。
その単位で、固定的な勢力票となってしまい、個々の意思などほとんど塗り潰されるという傾向が強いもの程、政治に悪影響を与える。
そして、宗教は無法地帯ではない。そうしてはならない。
信教の自由はこれは認めるべきである。
しかし宗教だから何でも許されるという訳ではない。こんな事は当たり前だ。
この宗教、宗教界というものを、きちんと規制すべきは部分はし、
真っ当な姿勢に立ち戻らせないと、前から何度も言っているが、
これらが民族だやれ利権だ古の宿命だとかと、何だかんだと複合合体して無用な争いの触媒になってしまう。

宗教、宗教観というものは、穏やかに、そして緩やかに、
人の心の底流に優しく流れるものであって欲しいものだと、
私などはそう思うが。
古から、世界中で、如何に宗教が深く絡んでしまう争いの多い事か。

しあわせを、安穏を求めるその方法論で、

人が殺し合って何になる。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


そんな姿が見えているのである。
必ず国民は被害者である、という一方的で身勝手な考え方は捨てた方が善い。
何せ主権は国民にあり、それらは変える事が可能なものだからだ。

いつの時代も、どんな体制でも
何かを変えるのはその一人一人の心であると

もちろん、今、その利権塗れにしろ、売国議員にしろ役人にしろメディアにしろ経済界にしろ宗教にしろイデオロギーにしろエゴにしろ、
何かに迷い迷わされ、分からなくなってしまっている人達も、当然だがその個人の存在すらをも否定されてしまうものではない。
立ち戻らなければならないのだ。助けが必要なら、助け、助けられ、そして皆が立ち戻らねばならない。

自由とか権利とは、

犯してはならない人としての最低限のライン、それは言い換えれば尊厳でもあるが、その上にある。





戻って、

今、このまま民主に、一気に雪崩れ込む危険性というものを、ある意味、法という理性が押し止めている。

まだ気がつかないかと、今、何が必要なのか 分からなくて シガラんで
沸々とフラストレーションが溜まり

誰かその人物が、その勢力なりグループが一方的に完全に悪い場合もそれはある。

しかし、こういった大きな単位の物事は、マクロに、そして大乗的に見れば、
多寡はあろうが多くの人にその責任がある事を感じ取れると思う。

何時の世でもそうだったのだ。どんな体制でも。
それはこれからも変わらない。人間が滅びない限り。


そこで、我々が採用している民主主義とは、それをよりハッキリと具現化させる事の出来る知の道具なのだ。国民一人一人に、力と責任を、それを浮き彫らせる

時代に合わなくなってきて、必要のなくなるモノもある。変えるべきモノもある。

そこは判断だ。

皆が出来るだけ考え、リーダーたるものは現状、情報、意見、伝統の重みや文化をも時には捉えて判断せねばならない。



この様に、
例えば、参議院の存在する現在の二院制は、必要無いのでなく、何かを示してるのだ。


捻れて何も進まない。

多くの事を表している。

現状では駄目だという、かといって適当にノリで盲進してはならないという



考えるべし

また、必要な人がいるならちゃんと話をして頼めばいい







 実はかなり前から分かっていても、敢えてそう表現していなかった事もあり、そのあたまの中身を整合性をもって伝える事は中々難しい。大体からして今は時間が無いし、疲れていてとにかく眠い(苦笑)

しかし、

物事の表、奥の奥、どちらも人間が生きている。
何かを為すのも変えるのも、それは人の心にある。


自民だろうが民主だろうが、そんな所に大事なものがあるんじゃないという事
日本、市民、世界をどうしよう、どう出来るだろう、どう変えられるだろう

選挙は、出来るだけその人の内容、中身をこそみよう
それで応援出来る人、したい人がいたら是非応援して、そしてお祭り騒ぎをすればいい



何か出来る事をほんの少しでも

貴方がこの世にできること

大切なこと





<08年6月。後、08年12月初旬は6日改訂>
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]