忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 134133132131130129128127126125124NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


やれやれ…自民党は何がやりたいんだか。政治やれよ政治。
安倍晋三元首相と同じ様な時期に電撃辞任がどうとか、、、

全然違うな。

こんなもんは完全に選挙対策だろう。
「福田では衆院選が戦えない」、完璧に党の意向(引っ付いてる公明・新興宗教団体も)だ。
これをもってほとんど誠実な政治への態度を放棄していると看做されても仕方が無い動きだが、分かっとらんのだろうか。やる事は山ほどあろうに。

と言うか、だったら内閣改造なんぞよりそもそもサミット終了後に一段落で総裁選をやっておけば良かったのだ。私はどれか(続投のみ、続投改造、総裁選、解散)やるならそれが一番だとも思っていたが、もう何なのだろう、このみっともない一幕は。この糸を引いている辺りは、何とも…浅慮だ。




所で、

あの苦闘し続けた悲壮感漂う安倍前首相の辞任とは(多分)違い、何とも白けた劇だった様で、TVニュースを見る限りでは思いのほかボロクソに言われている様でもない様な、まあええか、の様なユルい雰囲気。私などは疲れて寝ていた(笑)。安倍さんの時は腹が立ってしょうがなかったが。悪いが福田さんは、左程どうとも思わん。多分、世間も政界もそう思っているのだろう。

大体、元々の来歴というか実績というか内容(売国的)が悪過ぎた上、人気も無い。
という点を鑑みると、サミット時にもそう述べたが思いのほか頑張ったんじゃなかろうかとも、冷静に見てそう思う。よう、あんまり売国発言なり行動なりをせず抑えたものだと。ただし、端々で危うく見え見えたものだが。(そう言えば、また農水省で爆発している様だが、元々あの忌まわしき人権擁護法案<という名の人権侵害助長・悪法案>なりを思い切り中心になって煽りに煽っていた太田誠一だけに、誰も守る気もしないのだろうか…/苦笑)


この内閣での成果としては、
何と言っても公務員制度改革だろう。渡辺喜美・前行革担当大臣、彼が男泣きしながらよく頑張ったのが記憶にも残る。

後は、社会保障改革の先鞭、まあ本当に先鞭だがそういった道の一歩は行ったかという感じだが、そもそも折角あれほど政界きっての経済・財政・金融政策通を固めた(与謝野・伊吹・谷垣・舛添大臣等)人事はまたおじゃんか?冗談じゃない、勿体無い。
その他、消費者庁設置、道路特定財源の一般財源化。といった辺りか。



で、

この総裁選で選んだ総理は、もう完全にワンポイントリリーフで政治するつもりはないのだろうか。臨時国会で補正だけ組んで、しかもバラ撒き(財政出動)で国民の歓心を得て衆院選に向かいたいだとか、選対にポピュリズム、そういう汚れた打算だけが透けて見えるのだが、

もう与党・自民党は死んでしまったのだろうか(政教分離原則違反の公明は論外)?

嗚呼、、何たる始末



いや、自民党にはまだ本物の政治家もいるはずだ。
民主党にもいるはずだ。その他にも。あと、、

基本的に多くが勘違いしているのが、カルトの解散、の後にその個人個人は死ぬのか?
違う。完全にその考えの筋が、執着固執、マインドコントロール故の錯覚なのだ。例えば政治でも、本当に能力(と心)のある人物は評価されて違法(憲法違反)でもなくなり、足枷の取れた能力が発揮される未来が待っている。全てが同じである。私が今まで述べてきている事は。


とにかく、

なあ「日本丸で行こうぜ」一丸となって。と思うのだが、
無理なのか?じゃあ何がやりたいんだ、どうしたいんだ

それは、選挙は選挙で、これは勝負だからその時はその時で、いざ尋常にされれば善い。

日本は、こんなしょうもない事をしている時じゃないと思うのだが、



そう、単純な様で分かり辛い。





日本ほどその政治内面の動き、要素が見通し辛い国もそうそうないのかも知れない。
福田の辞任の意味ではない。その裏に隠れているもの。
自民・民主じゃない。入り乱れている。

その水面下で蠢いているもの。

一見平和で平穏な表面の奥で、渦巻いている混沌。



混沌の中で蠢いている存在は、多く、闇に魅入られている。

ただし、そうでない存在がいるのも間違いない。

ただ、それも含めて彼等は自分達の存在を一方で貶め、魂を汚し、一方で他を見下し貶める。
敵か味方かという観点の麻痺。他の存在などその辺に転がっている石ころの様に感じる麻痺。抜けられない闇の網。
彼等は魔物でも妖怪でもない。しかし魅入られている。
そして踏み外し続ける限り、そこから抜けられない。
そして何時しか自分達を本当に「そんな存在」だと、諦める様に錯覚してしまう。


それは錯覚だ。


完全に闇である存在など人において有り得はしない。それは概念だ。
必ずその心にはまた光の存在がある。これもパーフェクトなど無いが



人間だ。



人の世界は、人が真にそう思い、考え、行動すれば変える事が必ず出来る。

こんな状況は、世界へと繋がっている。

俺は、故に変えたい。




























何と言うか、やはり日本には何かがある。
いざという時に何かを為すそんな力?潜在力?
まだ眠っているか?

混沌、契機

起きろ

人々の心に在る光の力



PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]