忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 137136135134133132131130129128127NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 米国株式市場について、今年末までで、S&P500種指数でこれが17%アップすると予想(祈祷)している米国エコノミストもいるようだ(この話題ではシティやリーマンの社員らしい)。まあ厚かましい事よ。一体どこにそんな要素があるのか。莫大損失、不良債権、含み損だらけで経済・金融失速、雇用統計悪化、インフレ、国の財政まで滅茶苦茶なくせに…。

念の為に言っておくならば、S&P500種指数とは「債券格付け」機関/投資情報会社として有名なスタンダード&プアーズ社が算出しているアメリカのニューヨーク市場の株式動向を示す株価指数の一つ。

もうインチキの臭いがまたプンプンしてくる。

で、まあ大体上記タイプのエコノミストは、世界中に自国、自分達に有利な参入の見込めない状況だと「構造改革」「改革」「グローバルスタンダード」とまたインチキをバラ撒く傾向がある類いである。上記の発言なりがそれを如実に顕すものだ。まーセコいし図々しい。
昨年末の予想を大幅に下回った事についても「我々の年初の予想通りに事が運ばなかったという事実は、必ずしも我々の方法論が無効である事を意味するものではない」
その他、インフレは直ぐに鈍化する、ドル高になる。


これはもう、祈祷だ。


 ただ、とある新らしいヘッジファンドCEO(元債券ファンド大手マネージャー/アーマードウルフ/ジョン・ブリンジョルフソン)等は「んな訳ない」と切って捨てている。

「長期的にみてインフレ動向は非常に深刻な問題を抱え続けている。株式相場が、その悪影響を最も受ける事になる」

どう考えてもその通りだ。

これは、経済成長を伴うインフレならば何れも問題が無いが、スタグフレーション状態である。アップスパイラルではなくダウンスパイラルが懸念されるものだ。


また、上記上部の祈祷師達は、その予想が顧客の「大きな抵抗」に遭っている為、ドーナツを食べてそのプレッシャーと戦っているそうだ。
思わずこのセンテンスには吹き出してしまった。チャランポランでええ商売ですなというか、ちょっと面白いので一緒にドーナツ食べて話聞いてみたいが(大笑)

というか、米国自体の焦げ付きが半端ではないのだが、シティ、モルガン、リーマン、メリル等こういった投資グループ大手も軒並み煙を上げている。
担当者にはコメントを控える者も多い様だ。そりゃあ…何百何千億ドルも損出しゃなあ、、しかしまあ嘘ばかり言うより黙っている方がまだ誠実と言えようか…










 格付けなど、このサブプライム・ショックで特に、それが如何に胡散臭いものであったかが露呈したものである。幾らでも「お手盛り可能」な雰囲気。実際、米国証券や公債、債券など明らかなる虚偽の高評価。しかもその高止まりとその為の工作、である。

あと、IMFなども実質的ドル支配の構造であるからその経済見通しだとかも、そう思って見ておいた方がいい。

つまり、「信用ならねえ」

IMFによると、何故か米国経済成長率が上方修正(一方で何故か日欧が下方修正/笑)予想だそうで、為替については「ドルは若干高め(過大評価)」であるそうだ。


第一、欧州が幾らサブプライムものを相当喰っているとしても米国を棚に上げて、何でユーロ/ドルでここまで異常なユーロ安(或いは円安)になるかが極めて胡散臭い動きである。何時だったか数ヶ月前に日欧米首脳によるドル為替介入(買支え)の密約とか言われていた辺りの効果もあろうか。大体、そこまで(欧州が)悪けりゃECB(欧州中央銀行)も利上げなんてしないだろう。



バークレイズ・キャピタルの為替ストラテジー世界責任者のデービッド・ウー氏(ロンドン在勤)は「対ドルでのユーロの劇的な下落に関し最も重要な点は他の市場からの裏付けがないことだ」と指摘。「過去 数年間のユーロ・ドル相場の典型的な要因のどれも、これほどの値動きを説明できない。このため市場参加者はテクニカル主導の動きだと結論付けている。この観点から、現在の動きは持続可能だとはみていない」と語った。
(ブルームバーグ)



そう。そういう事だ。


PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]