忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 174173172171170169168167166165164NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<直近概況と指針>

さて、

ヨーロッパもちょっとやり過ぎじゃないかと、そう釘を刺して置かねばなるまい。
基本的に現在の(米国発)詐欺経済、その破綻から財政的に真っ赤っかになって窮しているのは当の伏魔殿構造・アングロネット・グローバルな感じの連中である。多くウォール街とワシントンを根城にし、ブッシュやポールソン等その他議員(民主・共和)からロビイストから何からに指令を出している。その筋の連中も、ポールソン周辺の様に当局ともうわんさか混じっているので見え辛いが、そこの辺は「その森が魔の森である事に変わりはない」と述べておいた点である。欧州各国の方針というのは、「そう」なのだろうか。必ずしもそうでない、違うだろう?では何故そこにじゃんじゃん金を放り込むのだろうか。それでは連中が持ち逃げするだけなのは当の米国と同じである。彼等の作った借金はまず、彼等に支払わせるべきである。

さて、
三菱は、先にも述べた通り、そのモルガンスタンレー自体の時価総額が「その出資額を下回ろうか」というその辺のをウロウロしている様な所に、出資した途端に損額が発生する様な契約に、無駄に90億ドルもの大枚を突っ込むなというのだ。それだったら買収したらいいだろう。それがコントラクト、契約交渉として成立しないんなら取り止めればいい。少なくとも9ドル10ドルの株を25ドルで買う様な、買い支えて共倒れするかも知れん様な馬鹿な契約をするなというのだ。

また、
株価が2ドルを切ろうかというフォードが資金繰りに困窮し、
保有するマツダ株売却を考えているという様な話も聞く。
MBO(経営陣買収)にしろ他の余裕有る所、投資家が是非買い戻せば良いだろう。

他にも、その(米国車業界の)ビッグ3と言われたGMやクライスラーも財政的に相当ヤバい様だ。GMは本社ビルの売却も検討しているという。
そんな中でGM側はクライスラーに合併話を持ち掛けており、そこにまたサーベラスが噛んでいるという。
資金繰りもヤバい中、手元資金を増やしていっその事この期にクライスラーを買収合併しようという腹か。中々図太い。
元々、フォードにはGMが9月に合併を打診していたそうだが、フォードは独立経営を維持する方針でこれを断ったという。

クライスラーは1-8月期の赤字が4億ドルに上る。
上記の話もどうなっているのかと思えば、この会社は既にサーベラスが株式80%を保有している。してサーベラスは更に、「クライスラー株売却じゃなくてどっかと合併した新会社の株をガッツリ持ちたい」と発信しており、
つまり「もっと高く売るんじゃ」、という事だろう。まあ流石にガメツいことだ

しかしそれじゃ買手、合併話なんて進まないんじゃないだろうか?
新会社にしても、サーベラスだとかその手の筋に株握られている様な経営なんかイヤだろう。
まあどの道売るんだろうが、、

GMもほんの数年前には60ドル近く、この2008年初頭でも40ドルからあった株価が、、今や6ドルである
何れも、そんな図々しい話がそうそう上手くいくものでもあるまい。

と、
GMの頭の中には「破産」の選択肢もないそうである。
するとまた、政府財務・金融当局に金を融通しろとでも言うつもりなのだろう

米国民は、大丈夫か?
どんどん持ってかれるよ?


FRBは、
買取り銀行、斡旋業、ひいては国民税金をウォール街に流す、という業務を行っている。








所で、
米当局の北朝鮮テロ指定国家解除について、「何でこんな時期に…」という声も多い様だが、
だから言っているじゃないか。

「嫌がらせ」

である。というか、相当追い詰められてもいるだろうから、何か利用出来るものはないかと、同じ様にまた卑劣な真似を繰り返すのである。
米国の伏魔殿構造は何度も言う通り政官民一体であり(無論国民全部、だとかそんな訳はない)、延々と行われている中南米、中東、グルジアの様な真似もすれば日本の周辺ではどう見ても北朝鮮、詳しくはそれらに何度も記したが、現在も分断状態の朝鮮半島や台湾チャイナ両岸等が明らかにその対象である。こういった構造を是非分かって欲しいのだが、分からない場合や、その卑劣な外道の手下どもは、むしろこんな事を言う。

「日本が悪い」

阿呆じゃないか
よっぽどまだ分かっていなくてそういった諜報工作に惑わされているか、
或いは、「手下です」と宣言している様なものである。



もう充分なくらい述べているのだが、この後もより核心について述べよう
本当に、汚げな話ばかりで、馬鹿らしくて面倒臭いが







追記:

 チラッと見たG7財相会合等で中川昭一の述べていた話だと、確か(各国が)よっぽどヤバい場合は日本が融資も考えるとの事で、
そこでその財源について外貨準備を充てると触れていたが、うん、それはまあよっぽどヤバい事態ならばいいが(しかも確か「米国については自分でちゃんとやってくれ」といった内容の事を述べていたと思う。/笑)、無論、ドル・ストック保有・運用としてある米国債も売却して用意するのだよね?
まあそれ以前に、米国債など早く売っておいた方がいい。色々な意味で

 それと、インド洋での海自による給油法案等という、実態として米国のテクニカル中東侵略である忌まわしく無益な戦争の為に、給油補給してやる事など、これまで嫌という程のべて着た様にそんなものはもう必要無く、またやってはならない。そもそも自分達が野方図に詐欺経済で混乱させ、高騰させた油など自分達で都合しろというのだ。最低限の物資、先物投機にすら濫用規制をせず、自分達の詐欺経済のツケを誤摩化す、そもそも「市場原理主義においてむしろ良し」としていた空売り規制のみを掛けている様なフザケた悪人どもに、その油をくれてやるいわれなどない。

本当に、米国、伏魔殿の連中はどこまで悪く汚く堕ちていくのだろうか


PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]