忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 170169168167166165164163162161160NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 さあ、協調利下げまでやった様だが、何の効用も無くダダ下がり。
だから言ったろう。そんなもので効く訳がなかろうと。言っておくが、米国は現状の危険なインフレリスクをも冒している。当の、責任の重い越後屋に追い銭与えて逃がす伏魔殿構造、ウォール街社会主義をゴリ押す事で、どんどんと国そのものの破綻信号がチカチカ点滅しかけている。気付いているのだろうか。財政から何からもうあちこちで真っ赤な「Warning」シグナル。予想はしていたが、もう既にガンガン落としているドル為替は信用収縮そのものを顕しており、財政・通貨危機状態の米国の国債・地方債、累積債務は何をもって質の高水準を担保しているのだろう。そんなものは、インチキ格付け会社にメディアミックスの諜報SPY、諸々の伏魔殿構造だけだろう。アングロネット覇権主義の維持願望。ブッシュだとかゴールドマン長か…ポールソン、バーナンキだとかその辺りも、この期に及んでしつこく悪足掻くが、

いい加減に理解したらどうだ、往生際の悪い。

そんなものはもう、破綻しているのだ。




「日本の教訓学びたい」公的資本注入で米財務次官
 マコーミック米財務次官(国際金融担当)は8日の記者会見で、10日にワシントンで開く主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で中川昭一財務・金融相が米側に金融機関への公的資本注入を促す見通しになっていることについて「日本の教訓はすでに議論しているし、対話の継続には前向きだ」と述べた。

 財務次官は金融危機の克服について「日本だけでなく、スウェーデンや最近の教訓からも学びたい」と指摘。金融機関への公的資本注入や国有化などを幅広く検討する考えを示した。G7会議の議題としては金融危機への取り組みに加え、流動性供給での協調や空売り規制など市場安定化策、預金者保護の拡充などが対象になると表明。G7会議終了後の10日夜には、ロシアを交えて拡大夕食会を開催することも明らかにした。
(ワシントン=米山雄介2008/10/9日経 11:19)



まあそれにしても、本当に勝手なものだ(笑)。
何の教訓だ、おたくらがやった詐欺の教訓か?悪辣さに対する教訓か?

空売り規制?

そんなものは、そもそも自分達が無理矢理ゴリ押し進めてきた詐欺経済の道具である市場原理主義により、それは「是」であり「むしろ良し」であったものだろう。

そして特に貧しい国もまた大きく被害を被る、原油食料等資源異常高騰をこその濫用投機を放置し、これだけの混乱をもたらしているもの。

ましてそんなもの(空売り規制)が、今更、最早無意味である事は完全に市場が語っているだろう。


 また、歪んだコンプレックスそのものであるアングロネット・米国覇権構造を無理矢理維持する為に、欧州とロシアを対立させようとなどという巨大対立構造の焼き直しまで計る紛争を捻出し、従属的に欧州を引きずり込もうとし、従属的にまたロシアをやいやい叩き、「OECDもWTOも、G8からも摘み出すぞ!」等と諜報、メディアミックスの外交から経済方面の追い落としまで行なっていたくせに、それが失敗し、それどころでなくなってくると手のひらを返した様に、G8で協力しよう、だ?!

欧州、日本、ロシア、カナダ、アジアその他諸々皆で米国を買い支えろ、と?

一体何なんだ、その傲慢で無茶苦茶な御都合主義は





外国中銀の米財務省証券・機関債保有高は前週からほぼ変わらず/FRB
2008年 10月 10日 08:22 JST
[ニューヨーク9日/ロイター]米連邦準備理事会(FRB)が9日発表した10月8日時点の外国中央銀行の米財務省証券・政府機関債保有高は、前週からほぼ変わらず2兆4820億ドルとなった。内訳は財務省証券が244億4300万ドル増の1兆5380億ドル。安全資産への逃避を背景に大幅増となった。連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)(FNM.N: 株価, 企業情報, レポート)や連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)(FRE.N: 株価, 企業情報, レポート)などが発行あるいは保証した政府機関債は244億3900万ドル減の9448億0200万ドルとなった。近年は、アジアを中心とする海外の中央銀行が米債の大口の買い手となっており、取引可能な米債の4分の1以上を保有している。

© Thomson Reuters 2008 All rights reserved.




 10兆ドルを超える累積債務。更に2超ドル規模の猛烈な勢いで増やしているその、こんなアブない債券。基本的に当然売られ始めているだろうが、相も変わらず買い支えているのは各国中銀か。

もう、この前から述べる通り、
各国が「NO」と言い出しているが、本当にいい加減にそう言うべきだ。

こんなフザケた構造から脱却を、
この機会を見ずに計らずに、何の明るい未来への展望があろうか。

訳の分からん買い支えで、軒並み経済から財政までグチャグチャに共倒れていくつもりか。

それぞれで考え、機動的に対応していくべきである。
その結果、色々協力する事も勿論あるはずだ。

しかしまず、

ここまで悪辣に、無茶苦茶をやってきて、しかもまだやっている米国に、己での誠実な対応も促さずに資金から何からまた注ぎ込んでどうする。




米国株7日続落、銀行と保険が大幅安
2008年 10月 10日 07:12 JST
[ニューヨーク9日/ロイター]米国株式市場は7日続落。クレジット市場回復に向けた各国の取り組みは世界的な景気後退を回避する上で不十分との見方が強い。ダウ工業株30種は678.91ドル(7.33%)安の8579.19ドル。ナスダック総合指数は95.21ポイント(5.47%)安の1645.12。S&P総合500種指数は75.02ポイント(7.62%)安の909.92。 終盤に売りが膨らみ、ダウは03年5月以来はじめて、8600を割り込んで終了。ナスダックとS&Pも5年超ぶりの安値となった。

 銀行と保険が引き続き売り込まれた。前日の協調利下げでも、金融セクターの信頼感回復にはつながっていない。一部のトレーダーは、金融株の空売り規制が解除されたことも相場安の背景、としている。クレジット市場のまひ状態は依然として解消されていない。銀行間市場では、翌日物より期間の長いドル金利が急上昇。3カ月物ドルLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)は、年初来の高水準に達した。ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N: 株価, 企業情報, レポート)は31.1%急落、1950年以来の安値をつけた。米国で始まった自動車業界の低迷が国外にも広がっているとの懸念が強まり、ある予測機関は、2009年の世界の自動車需要は「崩壊する」可能性がある、との見方を示している。エクソンモービル(XOM.N: 株価, 企業情報, レポート)とシェブロン(CVX.N: 株価, 企業情報, レポート)も下落。エネルギー需要後退への懸念から、原油価格は1バレル=87ドルを下回った。ペイデン&リゲルの株式戦略責任者、クリス・オンドーフ氏は「ファンダメンタルズの問題ではなく、単にパニックだ」と述べた。

 ダウは1年前のきょう、終値が1万4000ドルを上回る史上最高値を記録した。ダウのこの7営業日の下げ幅は2271.47ドルで過去最悪。1年前の終値の史上最高値からほぼ40%下落している。モルガン・スタンレー(MS.N: 株価, 企業情報, レポート)は25.9%安。三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T: 株価, ニュース, レポート)による出資計画をめぐる懸念で売られた。IBM(IBM.N: 株価, 企業情報, レポート)の決算を受けて他のハイテク会社の見通しへの期待が高まり、市場は一時上昇していた。IBMは1.7%安で引けた。ダウ保険株指数は18.5%下落。業績について慎重な見方を示したプルデンシャル・フィナンシャル(PRU.N: 株価, 企業情報, レポート)が23.2%下落したほか、XLキャピタル(XL.N: 株価, 企業情報, レポート)は53.8%の急落となった。

© Thomson Reuters 2008 All rights reserved.




モラルハザードどころか、
どんどん露呈する伏魔殿の様相、幾ら、更にモラルハザードを悪辣に重ね税金投入とジャブジャブ入れ込もうが、そのやり口、政策自体がまた財政危機不安と回避を呼び、世界的な下落基調と絡まりそのトラブル発信源である市場へ信用が入り、また買いが入る訳もない。

その様に米国市場は、
当の銀行に保険業界がガンガン敬遠され売られ、その他を巻き込みダウンスパイラルに陥る。




米ゴールドマン、AIGから過去にCDS200億ドル購入/AIG前CEO
2008年 10月 8日 13:37 JST
[ニューヨーク7日/ロイター]米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)(AIG.N: 株価, 企業情報, レポート)のウィルムスタッド前最高経営責任者(CEO)は7日、米ゴールドマン・サックス(GS.N: 株価, 企業情報, レポート)が、同社から過去に200億ドル相当のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プロテクションを買っており、AIGにとってゴールドマンは「大きな取引相手」だったと証言した。下院監視・政府改革委員会の公聴会で述べた。ウィルムスタッド氏は、2008年6月から9月中旬までAIGのCEOを務めた。ニューヨーク・タイムズ紙は先月、ゴールドマンがAIG最大の取引相手であり、AIGへのエクスポージャーは200億ドルに達すると報じたが、ゴールドマンは「極めて誤解を招く報道」と反論していた。ゴールドマンの広報担当は7日、AIGへのエクスポージャーはヘッジされており担保も付いているとし、「AIGへのネットエクスポージャーは当社にとって重大な規模ではない」と述べた。

© Thomson Reuters 2008 All rights reserved.




そして、遂には米下院監視・政府改革委員会において当のAIGからの重要な証言が出て来る。

CDS、クレジット・デフォルト・スワップ(※AIGからの購入分)その額、何と200億ドル

レバレッジを掛け債務達磨になりながら高い利益を狙い、また繰り返し、資産を獲得し、という極めてリスキー、既にピリオドを打ったその債務達磨スタイルのポイントは、大きな借入債務によってリスキーな運用を行なうその自己資本が脆弱な所にこそある。

200億ドルが大したもんじゃない、とは何事か。ゴールドマンよ


だったらその根拠を、財務諸表なり担保内容を提出して示したらどうか。


ブラフだ




米フレディマックが40億ドルのリファレンス債発行、海外需要は低下
2008年 10月 10日 11:17 JST
[ニューヨーク9日/ロイター]米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)(FRE.P: 株価, 企業情報, レポート)は9日、2年物リファレンス債を40億ドル発行した。海外からの需要は過去の発行時よりも低下した。フレディマックによると、海外勢の購入比率は約29%でリファレンス債としては04年6月以来最低となった。価格は99.858で発行利回りは2.943%となり、同年限の米財務省証券に対する利回りスプレッドは125bp。フレディマックが当初期待していた120bp以下の水準を上回ったものの、利回りが上昇した分、投資家の需要が強まり、発行額は10億ドル増額され、40億ドルとなった。

© Thomson Reuters 2008 All rights reserved.




そしてまたこんな手酷い状態であるのに、
もう恥も外聞もない伏魔殿連中は、また、しかもそのサブ・プライム発信源のフレディから高利率投資対象、債券を発行し、資金を得ようと足掻く。

しかし、無理矢理買い支えている辺りか、ギャンブラーが買うのみで、これまでの形式の海外資金集中には最早繋がらない。

マジで、もう狂ってるな…

借金雪達磨そのものだ




リーマンCDSの売り手、10日の入札結果で90%程度の損失被る可能性
2008年 10月 10日 11:18 JST
[ニューヨーク9日/ロイター]破綻したリーマン・ブラザーズ(LEHMQ.PK: 株価, 企業情報, レポート)のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の売り手となっていた金融機関やヘッジファンドは、10日に入札結果が明らかになりCDS価値が判明すると、最大で90%の損失を被る可能性がある。一部アナリストは、入札でCDSの売り手が買い手を上回った場合が、一段の損失となる可能性もあると予想している。マーケットアクセスによると、リーマン債の多くは、額面1ドルあたり0.12―0.13ドル近辺で取引されており、CDSもこの水準までのリカバリーとなることを示している。

© Thomson Reuters 2008 All rights reserved.




既に連鎖反応に入っているCDOやCDS。
先日の、JPモルガンが預金と支店を「悪代官と越後屋」談合形式で買収を取り決めたワシントン・ミーチュアルの例でもそうであるし。あの場合はW・ミーチュアル本体のCDS支払いについてだが、この場合は、デフォルト発生ではなくどうもリーマンが扱っていた他の、例えばその住宅ローン関連のCDSという事なのだろうか。

 何れにせよ関連CDOは減価80%とも言われており、ニュースの通り入札によってはそういう結果になってしまう可能性は充分にあろうか。そらそうだ、中々こんなもん売れんだろう。確実に価格は激しく劣化したものとなる。

そうすると、
その通りそのまま売手の金融機関やヘッジファンドに飛び火し、


連鎖する。






さあ、

こんなどうしようもないダウンスパイラルの中で、
その渦の中に水を注ぎ込む様に公的資金(税金)を投入する米当局。
詐欺経済の当事者、これからもじゃんじゃん出て来るその財務破綻、債務超過企業に、その様に同じくするのだろうか。

マトモじゃなく、もう完全にネジが飛んでいる。

無駄に、悪辣に下手な手を打てば打つ程、彼等はその渦に飲まれてゆく

そう、

債務達磨は、米国そのものとなる。



額から言って、既にもうそうなのだが。



FRB、AIGに追加融資制度 最大3兆7800億円
【ワシントン=大隅隆】米連邦準備理事会(FRB)は8日、傘下のニューヨーク連邦準備銀行を通じ、米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)に対し追加の融資制度を設ける方針を明らかにした。金額は最大378億ドル(約3兆7800億円)。FRBは9月、AIGに850億ドルの緊急融資枠を設けたが、追加融資でAIGの手元流動性を補強する。FRBによるとAIGは850億ドルの緊急融資枠のうち612億ドルを活用している。新制度により、AIGは、取引先との決済などに備えた手元資金が潤沢になる。 (2008/10/9日経14:10)


これで、AIGだけでまたもう1228億ドル

ネジというより、パッキンが飛んで蛇口の制御も効かなくなっているのだろうか。




やはり破滅したいのだろう。
したいならまあそうすればいい


とにかく、
日本に、各国中銀も、
もうトットと米国債など売って他の対策にその金を回した方がいい

PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]