忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 5857565554535251504948NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あれらのゴミ出し、そして目先の参院選で最も利を得そうな野党連中、及び反日勢力は、その尻馬に乗って連動しているに過ぎない。
そうして、結果安倍が降ろされようが降ろされまいが、安倍、もしくはその次の椅子に座っている人物に、「大変だったね。色々あったけど、俺らはbest friendだよね。ああ、所で。アレ、何とかしてよ」とでも微笑むつもりなのだろう。その辺のシナリオをブッシュが書いているとは、とてもじゃないが思えないが、一体どの辺りがやっているのだろう。

 それにしても返す返すも、意地汚い米国のやり口とは、
(旧西欧列強もそうだが)フィリピンやキューバ、ハワイなどの旧植民地化やアフガンやイラクなど中東への介入、もっと言えば第2次世界大戦の敗戦国である日本やドイツなどへの試みを見てもそうである様に、それは常に『分断と反目』なのだ。工作対象の人民を分断し、反目させ、付け入り、コントロールし、浸食しようと試みる。植民地化された前者や、東西関係で領土的にも分断されたドイツや朝鮮に比べれば日本は反日勢力台頭の勢力分断までで、まだ幸運だった、と少し思うとしたら、それは甘い。


 古来からの永き固有領がどうであるかどうかなど、大して興味も知る由もない米国にとって、当時の日本領勢力とは現在の日本領とは違う。これは現在の感覚でなく、歴史的感覚で見て欲しい。それは、末期に事実として、もしくは実質保護領化したチャイナ北東部や東南アジアや太平洋群島州を除けば、本土(北海道、本州、四国、九州、沖縄)、台湾、朝鮮、南樺太/千島(サハリン)であり、現実的に分断されているという事実を。そして、そう。その通りに、東アジアの緊張状態、


『ものの見事に分断と反目の構図がある』。


 何だかんだありながらも割と仲良く、上手くもいっていた地域が、今や極めて深い反目の境地に陥っている。それが、現在の特定アジア(チャイナは利権の泥沼と化していたので、その意味としての毛色は大分に違うが)と日本の溝の、紛い無き大きな、大きな契機だ。
例えば、台湾が親日的で朝鮮が反日的であるのは民族的な気質や太古の歴史から、だけで片付けられるものでは絶対にないと、私は、確信する。
そもそもの台湾とて、初中期の国民党は極めて反日的であったのだ。これはまた別項に譲るが、その変遷には色々と経緯があり、しかしながらもし、李登輝が現れねば日本は『分断反目の策』に陥り、恨みを寄せる反日国ばかりに囲まれるという最悪の境地に陥っていたかも知れない
地理的に近くはない友好国も勿論本当に大切なのだが、直ぐ隣に在る友好国はこの状況にあっては尚、本当に有難いものなのだ。クドかろうが言う。


 戻るがそして、一時分断された沖縄にも何かシコリの様なものが残ってしまっている現状に、更には勢力的な分断が現前とある。言うまでもないが、諸々の反日勢力がそれだ。


 大戦後の日本とは、米国や、ソ連コミュニズム、分断された隣国地域、民族的に分断された在日勢力(利権互助組織、及び宗教)、同和勢力や後に現れて来る夢想平和だジェンダーフリーだと、ともかく「かくも分断・反目・破壊あるものか」というべき状態に、あれやこれやの思惑がウネウネと交差し、その苦痛を味わう事となった。

昨今の体たらくはその成れの果てだ。

まだその様なやり口のを米国にもやらせる?
いつまで反目分断の策に踊らされて、日本国内同士ですら足の引っ張り合いをする?





関連項目:期待と展望
など




PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]