忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 5352515049484746454443NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 行革関連の報道番組を見て、感じた事、気付いた事などを少々。
担当大臣の渡辺よしみ氏についてだが、この人なかなかおもしろいかも知れない。親父どのがあの「政界のミッチー」こと渡辺美智雄氏であり、それにしてもその風貌はそっくりだ。かつ弁舌の方も一部受け継いだのかと思われる。自民党党内では変遷あって無派閥であり、一匹狼と目される事も多いと言う。
まあ、その辺略歴は置いておいて、

 現在ボロ雑巾の様な社保庁にも深く関連する行革の肝、「わたり」いわゆる天下りなど公務員制度改革も色々槍玉に上げられるのだが。私見としては、もう腐り切った社保庁など要らんだろうというもので、老朽化破裂した水道管から水が爆裂するかの如くに問題の噴出する、そもそもの年金制度も根本から変えねばもう立ち行かないと思うがどうだろう。私は税方式で良いと思う。その税源としてなら消費税の大幅アップがあっても確かな社会保障が担保される限り国民の理解も充分に得られる、と考える。


 とりあえず、公務員制度改革についての大臣の答弁を見ていた限りではこの渡辺氏、仕事も出来そうだが、それよりも答弁の能力が際立っている様に感じた(つまりは仕事が出来るという事でもあるが)。この人、「説得」に向きそうだ。これは中々誰も彼もが持ち合わせている能力ではない。そういう意味では対メディアにも向いているのだろうか。実際にメディア向きと言うならば派手さや面白さなども重要な要素となってくるだろうから、小泉前首相の様な超絶のパフォーマンスや漫画閣下こと麻生外相の様な面白さ、窓際族のボヤキ的な面白さを含んだ平沢氏など、もっと言って有益かどうかを度外視すれば、ごく一部に奇異な支持を受けながらも大概は「また言っているよ」と呆れられる事で様式美と化している加藤紘一や山拓、はたまた共産党の小池や社民党福島や辻本などもそう言えるかも知れないが、そういう意味ではなく実務的な意味で。

 そうすると、善し悪しはともかくそれら一連について何が大事な要素なのだろうと考えると、結局は『自分の言葉ではっきりと伝えようとしているか』に尽きると思う。誰かが書いたモノをただ棒読みしているか、あるいは言葉を選び過ぎてか当り障りの無い表現と態度に終止している様では誰も聞きはしないし面白くもない。あくまで政治の本流では無いが、しかしながら結局そういうものが大きく物事を左右するのは歴史上の人物を見ても確かにそうなのだ。信長や秀吉だけでなく、歴史上にも「魅せ方」を重視していた人物は数限りない。

 ただ、人の才はそれこそ人それぞれなので、あくまでも実直であったり、寡黙でも人柄や能力が長けていれば民衆は支持する。それどころか我が国には「寡黙」こそを美徳とした伝統というか風習もあるが、それは今でもまだ死んでないのだろうか。極めて多情報化する現代ではどちらが良いとも、もう何が何だか分からなくなりもするが、どちらにせよ結局はその人柄に依存するのであろうから、出るなら「はっきりと自分の言葉で伝えようとする」事が大切なのではないかと言いたかった次第である。


 ところで、渡辺大臣には「よう分からんカタカナ語」を連発する癖は改善された方が良いと進言しておきたい。そのよう分からんカタカナ語を駆使して空中戦で対論をねじ伏せる効果も無くも無いかもしれないが、せっかくの説得力が半減する、と筆者には感じられた。目下それをやって良いのはルー大柴くらいだ。もっとも彼の芸は後者ではなく、その滑稽さの表現にあるのだろうから。





追記:

 自分の言葉ではっきりと伝える。その代表的人物をもう少し書くのを忘れていた。例えば、石原慎太郎現都知事だ。
もう、代表格と言っても過言でない。とにかく氏のそれは、会見でも対論でも何でも面白い。まして内容もあるからよりいい。ただ、先にも述べたが能弁に舌禍は付きものであるから用心も必要ではあるとは思うが、今の日本の政界にはそれを体現する人物があまりにも少ないとも筆者は嘆いているので、まだまだ頑張って欲しいと強く願うものだ。






関連項目:勇気
PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]