忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 6766656463626160595857NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 参院選大敗北を受けた形で近く敢行されるだろう内閣改造。
そこで色々名前も挙ってくる。喜び小躍りでもしているに違いない加藤や山拓、河野などの様な不健全極まりない面々はともかく、実際に挙って来る名前としての中でも、こちらは内心にほくそ笑んでいるのではと思いたくもなる福田康夫、それに谷垣貞一などがいる。福田氏など「何も言わない」としながらもそれなりにブツブツ言っているらしい。その文言などを見ても、

相変わらず、いちいち厭味ったらしい人だ。

こんな人に日本を任せたくはないものだ。
 「好きで政治家をしているのではない」と言うのならば、それでもやらねばならぬ程に突き動かされる熱い情熱や、日本を想う強い志を、貴方は内にでも秘め持っているのか。そう聞きたくなる。
政治家たるもの、寡黙であってもそういった内に秘めたるものは言葉の端々に見えて来るものだ。それとも、自分は能力が高く、望まれるから仕方無くやってやっている、とでも言いたいのか。


 私は個人的には、そういった性質に一難有りの人物でも、本当に能力があれば適所に起用して良いとも思う。本当に能力が高ければ!しかしそれも、いざ閣内の意思統一を度々に乱す様な独断や失策を重ねるならば「泣いて馬謖を斬る」覚悟があってこそ。今の安倍首相にそれがあるだろうか。

党内勢力の求心バランス。
そういった思惑のみからくるものなら、やめておいた方がいい


それよりも、
(安倍コール大合唱から)ここまでグダグダに掻き混ぜられて落ちる所まで落ちた今は、
本当にやるべきと考える政策に合わせて、その人物と能力を鑑みて適材適所に起用するべきです。

そうでなければ、安倍首相。きっとその内閣でも、その、それこそまた人事ゆえに大した成果を上げる事は叶わず、
貴方は何もかもが中途半端で、振るわなかった駄目宰相となってしまう。
それは余りにも忍びない


 先の自民党内左派(ハト派)からの起用にしても、現実的に必要であると判断するならば、
それならばまだ谷垣氏の方がマシ、いや良いかと思われる。
あの人はその様に思想的にアッチ寄りではあるが、そのお花畑的な外交感覚が出来うる限り外交にタッチしない様に気を付けながら、財政など経済方面に専心して貰えばそれなりの働きはするかも知れない。それは何時だったか忘れたが、「消費税アップ」にも言及していた様に、それなりの政策に対する「本気」はあるのではないかとも思えたからでもある。
 その思想方向にしてもお花畑と言ってしまったが、感じるに彼はそれほど性根の腐った人だとも思えない、要は坊ちゃん性質ゆえである様な気もするのだ。「加藤の乱」などで、その痛々しさが見えたのが記憶に残る。良く言えば、素直なのだろう。懇々と説明すれば或いはその考え方も変化をもたらすかも知れない。


で、
その様な人事もあるのかも知れないが、
私はそれならばこの人の方が良いと思う。


与謝野馨


財政、経済、金融関係ならば特に、氏ならば間違いが無かろう。
左派系起用を抑えて与謝野氏でも良いし、例えば谷垣氏等を起用するなら尚の事、与謝野氏起用が抑えとしてでも必要だと思う。



 当たり前だが各閣僚・要職人事に、麻生、中川(昭一)、高市やリリーフ起用で成功だった(と思う)渡辺喜美(よしみ)らの留任もしくは移動続投は必要かつ不可欠である(敬称略)。中山恭子補佐官の留任続投などは鉄板だろう。
漫画閣下が幹事長に回るとの話も閣僚人事に少し寂しい気もするが、参院選大敗北でグラグラしている党内の調整・掌握の為に三役へそれ相応の力有る人材が必要な時でもあろうし、時期総裁という意味でも麻生太郎はその方向が良いのだろう。
その他にも、石原(伸晃)。または高村、(少し頼りないが)町村という手もある。
次の農水相など、相当の覚悟が必要なタイミングでもあり、本来の意味でも重要であるこのポストには有能かつ頑丈な、ちょっとやそっとではヘコタレない人物が必要だろう。火中の栗を拾わせる様で何だが、ここを救った人物は将来が明るいのではないか?無論、安全保障の最重要職、防衛相もそうだ。少し主流から外されていた感覚のある(別にそうでなくても良いのだが)、だがしかし「日本の為に粉骨砕身、やってやろうではないか」と言う様な勇気有る人物は居ないだろうか。

官房長官は、本当に信頼出来る、首相を何としても守るという人物を起用しましょうよ、安倍首相。
良くは分からないが、例えば下村博文とか。盟友なのでしょう?



これ以降、多少ダイナミックな事を言う。
まあ、上記も派閥など全く無視して書いているのだが。


まず、
もうゴチャゴチャ細かい事を言わずに、平沼赳夫に帰参を果たして貰う事。いきなり閣僚ポストを用意しても良い(事情が事情だけに三役は無理だろうが)。それだけの能力や内容が有る人物であり、人材に困窮する国会においてという意味でも貴重な存在でもある。無所属で無為に過ごさせるほど勿体無い事は無い。

そして、
民間登用。良く分からない中途半端なものでなく、「これだ!」という人物をドン!と登用してみてはどうか。
例えばだが、ここでも良く名前を挙げさせて貰っている櫻井よしこ氏。氏は、ジャーナリストという立場上もあって既に情報にも政策にも相当明るい。生意気を承知の仮定をさせて貰えば、私だったらこの人を一度外務大臣に据えてみたい。これもしばしば言ってみてはいるのだが、「成る程」という人も多い。
以前、ジェンダー何やらだとか、それに絡めてでもなく中山恭子補佐官と共に櫻井よしこ氏の事も幾分記した。
中山氏が底に秘める強さと言うとしたら、櫻井氏の方は、それが前面にも出た凛とした趣きである。

私が見ていて驚いた、記憶に残る討論などでは、
例えば、加藤紘一+チャイナの工作員、二人を相手に怯む事無く散々に蹴散らしたそれは理論的にも印象的にも氏の圧勝であった。加藤など顔を紅潮させるだけでグウの音も出なくなり、チャイナの工作員に至ってはもう何を言っているのかも解らなくなる始末(無論、日本語が母国語ではないので仕方が無いが)。
また、確か、かの悪名高きテレ朝、そのサンプロでは回り一面アッチ方向を向いた連中を数名(数は相当いた)を相手に不足無し、奮迅の働きでまさに縦横無尽状態だったものだ。何れも対論者達には、「これはちょっと敵わないな」という雰囲気すら滲み出ていた。


 あのディベート能力は相当のものである。それを今も変わらずに持ち合わせておられるとしたら、あれ程の能力を持ち合わせた人物が、例えば国会に限らずあとどれくらい居るだろうと思うと、その能力を民間でだけでなく国政で発揮してもらう事に何の問題があろうか。あるとしたらつい最近開始したばかりのフジテレビでの番組レギュラーくらいだろうが、それでフジテレビが目くじらを立てる事も無かろう。

何れにしても、その論調や態度は極めて冷静であり、激高する様な場面は中山氏同様見た事が無い(まあその激高も人柄によればむしろプラスに作用する人もいるのだから、人とは面白いのだが)。
余計な事だが、幾分お年を召されたとは言え、容姿も実に秀麗であり、それが対外的にも国内的にも、いわゆる外的発信の場では実は重要な要素でもある、という事は衆目の一致する所ではないかとも思う。
つまりは外務なり、いわゆる前面に出るスポークス・パーソンとしての適任であるのではないか。


 更に、多少斜に構えた側面からも言えば、女性である、という事も有利に働くのかも知れない。
私は本来、女性でも男性でもそんな事は関係無く、優れた人が各界で登用され活躍すれば良いし、そうあるべきだと思う。
だが、一部過激なものをすら含んだジェンダーフリー論なるものが存在するのが世界の潮流でもあり、また、現内閣に「女は男の5倍は働かねば評価されない」などと言ってしまう人物がいる様に、そういった側面が幾分はあるのも現実かもしれないからだ(かと言って、私は前者は当然として、後者の意見もあまり評価しないが)。
であるならだ、
例えば同じ外務大臣に就任したとして、当方の勝手な試算では、櫻井氏は(男勝りな田中眞紀子の)70倍は働くと思われるので問題ないだろう。

ほんの僅かに贅沢を言うならば、幾分の温かみが欲しいか。無論それの無い方だとは思わないが、例えば同性の女性に、冷淡に見える、と言った様な声も時々聞きもするからだ。


 さて、その様に民間登用としても色々挙げてみたい方々の名前はある。それはやはりその意見を聞く機会の多くなるメディア関係の論客が多くなってしまうのは仕方無いだろう。それも、三宅氏が常々言われる様に、民間に身を置いて自由に発言したい、という考え方に、その通り良い影響もあるだろうからそれは本人次第であるが。であるなら、例えば年齢的なものを鑑みてその民間のカバーは、この三宅氏や竹村氏、屋山氏など年輪をも重ねた深みのあり、かつ面白い方々が居るから大丈夫だろう。若手で言えば、辛坊治郎、青山繁晴や宮崎哲弥といった気鋭の面白い人物も居る。何れにしても活躍して欲しい方々だ。




 これは番外編だが、
例えば民主党の河村たかし、の様な雰囲気が醸し出されている自民党の河野太郎。
この両者とも、(現在の)分を越えた様な言動をするのでよく笑われるのだが、筆者はそういう人物が案外嫌いではない。
勿論、それはおおよその政治的思考が基本、健全、真っ当であると思われる背景、通底するものが最低限ある事が条件ではある。その上で、笑われても笑われてもヘコたれずに何かをしようとする根性というのは、中々どうして大事である(そう考えれば、加藤紘一などあの辺や、福島・辻本、共産辺りも随分シブトイが。笑)。まあ、図太い事も必要とは、そう言えば小泉さんも言っていたか。それと、明るさである。そういう人物も居た方が良い。

 この度の大敗北の中や、耐える事も必要であろう時期に、皆が皆お通夜の様な顔をして悲壮感ばかり漂わせていても気分(士気)は落ちて行くばかりである。彼らがそこまでかどうかは分からないが、飛び抜けた明るさを持った人物も必要かと思うのだ。

それはともかく、その河野太郎。
幾分だが見た感じでは、言う事も親父の河野洋平とは大分違う。
もしかしたら隔世遺伝なのかも知れない。だとしたらだ、このまま良い方向で、もし化けてくれるならそれはそれで自民党にとっても国民にとっても良い事である。

どこかで使ってみてはどうか

ついでに、あの見てくれとは似ても似つかないナヨッとした政治姿勢の河野洋平を黙らせる事も出来る。

ついでに、

親父の蒔いた種、ケチの付き始めであり、明らかな間違いであるにもかかわらず政府が中々引っ込める事のできない『河野談話』を、息子である彼が尻拭いするとしたら、

それは他の誰かがやるよりやり易くもあり、意味も違った性格を持つ。

彼がもし、「親父の不始末の尻拭いを、自分が責任を持ってやり遂げる」と宣言したなら、
彼の政治的な存在価値やプレゼンスは一気に上がるだろう。
それくらい、あの不始末は日本の足枷となっている。

ましてや、
事実ならともかく、嘘っぱちの言い掛かりを安々と認め、数々のイチャモンやタカリの根拠として利用される、まるで不正義が堂々とのさばるその様はあらゆる面を総じて最悪の部類に入る失政と断ずる。最悪である。



それにしても、
述べて来た何れにしろ、やはり国会議員には真っ当な国家観、それを補完する知識/勉強が本当に、ホトホト重要であると、再び嫌になるくらい思えて来た。

 最近は安全保障や、そういった日本の尊厳や品格に関わる様な案件がまた頓に多くなって来つつある。
歴史関連については、(どの国も応として容易く認めはしないが)事実は事実として本来は認めるべきではあろう。
事実は事実として、だ。だがそれも、ネガティブ(影の面)を針小棒大に、ポジティブ(良い面)を無視する様なそういったキャンペーンは、結局それも卑怯なプロパガンダの域を出ない。逆も然り。ともかく、
嘘の言い掛かりを事実として認めるなど、はっきり言って馬鹿そのものである。

藤原正彦氏の言葉を借りるなら、「国家の品格」。

それは決して売り買いするべきものではない。

この国の歴史や伝統、文化をも、何もかもを貶め否定し利用しようとする様な怪しげな動きには、
こればかりには断固として、一丸となって本来は立ち向かわねばならない。
それが中々どうして叶わぬのは、数稿前で記した「分断と反目」の策が効いているからだ。

日本よ、国籍や人種的などうのなど関係無いこの国がそれなりにでも好きな人よ
本当にこのままで良いのか






貴方はこの国がキライですか?

日本を愛していると言うのが、恥ずかしいですか?

或いは貴方の御先祖様が眠り、或いは子供や孫達が未来に生きて行くだろうこの国が、どうなろうと知った事ではないですか?


世界も、その先にあります。





追記:

「国家の品格」と藤原氏の言葉を借りたのだが、実は私はまだその著作を拝読していない。
割と早くにとある方から是非に(読んで)と頂いたのだが、日常にかまけてまだなのは頂いた方にも申し訳ない。
怠け者の昼行灯、その筆者も、今自分の為すべき事の一つとして、少しずつでも研鑽を積み、その見識を広げてゆきたい。

一応、断りを付け加えておくが、愛国心とは偏狭なものを言うのではない。
反動的なものから来るだけのものでも、多分ない。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]