忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 9190898887868584838281NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※注:この項目における出来事、事象、また執筆は更新日時現在のものではありません。お取違えなされませぬよう詳細は右に。<08/01/12〜16辺り|時間的にも国家ファンドの後。翻訳が面倒だったので、その辺りは1下旬>



高濃度エゴの内部侵食は必ず問題を産み



 だから駄目だと、ハナから釘を刺していたのだ。多くの人が。
その人は、公正、公平といった観点から大変離れた、非常に不純度の高い(反日)愛国・民族主義に溺れる韓国の前外交通商相で。
ご多分に漏れず、盧と共にその偏狭な反日的愛国・民族主義を撒き散らしてした人物で。

現UN(国連)事務総長官の潘基文(はんきぶん/バンギムン)だ。


もう、、やっぱりか、、またか、、、また韓国人か、、、もうウンザリだ、、、、!!!

と、、

また再び思わせるに十分な、
最早局地的なものに留まらない、外へ外へと醜く這い出すコリアン・エゴイズムのモデルケース。

それは

鬱屈した精神性やエゴを内包しつつ、素知らぬ顔で、或いは差別を盾と槍に、何らかの利益や権利を有するもの・組織に入り込み、そのエゴを増殖させる…


本当に、、書くのも疲れる…





washington post staff writer
October 21,2007

United Nations:

South korea's former ambassador to the united nations,Choi Young-jin,will travel to Ivory Coast in the coming weeks to run the world body's peacekeeping efforts,making him the first south korean diplomat to lead a major U.N. mission in Africa, and the latest compatriot tapped for a significant position by U.N. Secretary General Ban Ki-moon.

The appointments have signaled South korea's emergence as a rising power on the international diplomatic stage.but they have fueled resentment among some U.N. employees and delegates who feel that Ban --- who became secretary general in January after serving as south korea's minister of foreign and trade --- is advancing the interests of his home government , which invested financially and politically in Ban's rise to the top.

" There is talk about Korean omnipresence in the [U.N.] secretariat, " said Samir Sambar , a retired Lebanese national who served as a high-ranking U.N. official for decades. " the impression is that Koreans are taking the decisions."

Ban and his aides said allegations of favoritism are wrong, and that some of the harshest criticisms smack of racism. he said that the south korea nationals he has appointed --- including Choi,who has served as a hight-ranking official in the united nation's peacekeeping department --- are highly qualified for their positions.

"This is just unfair, just unfair,just unfair," Ban said in an interview last month, nothing that south korean nationals have been historically underrepresented at U.N.. "i have intentionally ,deliberately tried to distance myself from korea. you may agree or not agree , but i have been troubled by the perception... that i have been relying too much on koreans."

The south korean government played a key role in promoting Ban's ascent to his job as secretary general, and the south korean mission to the UN has advocated Ban's favored causes, including proposed reforms for the UN peacekeeping and disarmament departments.Ban, meanwhile, has used his perch to prod south korea --- long in financial arrears --- to pay its bills on time and to lend attack helicopters for a peacekeeping mission in Darfur.

The hiring of nationals from one's own country is a delicate subject at the UN. the UN Charter requires that official take no instructions from their governments. but, like Ban, many top UN officials owe their jobs to support from their governments, and they sometimes remain involved in their country's political life.


Previous UN chiefs --- including Kurt Waldheim of Austria,Javier Perez de Cuellar of Peru and Boutros Boutros-Ghaki of Egypt --- brought small teams trusted aides or clerical workers from their country's Foreign Ministry.But some officials say that Ban has gone futher, contributing to boosting South Korea's presence in UN ranks by more than 20 percent in the past year.

" Perez de Cuellar recruited one Peruvian: that was me.i was his special assistant, "said Lvaro de Soto, a former Peruvian diplomat who was given strict instructions to rebuff Peruvian job-seekers.

South Korea joined the UN in 1991, and it had been slow to make its presence felt . UN records show that south korea,the organization's eleventh-largest financial contributor,had 54 south korean nationals assigned to its mission six months before Ban took over the top UN post. by contrast, the Philippines, a much poorer country, had 759 nationals in its mission.

But south korean membership has risen rapidly during Ban's brief tenure, to 66 staff members. Ban's most important appointment in the past year was that of Kim Won-soo, a former south korean official who helped run Ban's election campaign for the top UN post. Kim is widely viewed as the second most influential UN officials, overseeing staff appointments and helping craft Ban's political priorities.

Ban has also appointed his onetime boss, Han Seung-soo, a former south korean foreign minister and UN General Assembly president,to a senior panel on climate change. other prominent south koreans have secured positions in the Office of the High Commissioner for Human Rights and Department of Information Technology.

A fandful of mid-level South korean nationals recruited from the South Korean Foreign Minister --- and spared from competing for their jobs --- have been posted in Ban's executive office, press office and department of management. some UN officials have referred to the south koreans as Ban's " political commissars " or " embeds " , saying that they undermine the UN chain of command.

Others said the complaints are driven by envy. " i think being from south korea,and people have growing respect for south korea,thats a great enhancement for the secretary general, " said Donald P.Gregg,a former US ambassador to south korea. " if he brings along talented people who he knows very well, i think thas also a plus. "



サウスコリア(南朝鮮。韓国の事)の前のUN大使、チョイ・ユンジン、は近日中にアイボリー・コースト(西アフリカの国。コートジボワール)へ、世界平和維持組織の活動を運行するために(?)向かうが、それは彼をUNのアフリカにおける主要ミッションをリードする為の、サウスコリア初の外交官(特使?)にし、また、新たな同胞/同国人がバン・キムンUN事務総長官によって重要なポジションに任命されたもの。

それらの職/地位はサウスコリアの国際的外交ステージにおけるパワー地位向上としての出現を知らせるものだが、しかし、それらは幾らかのUN職員達や使節派遣員の憤りを、バンは<サウスコリアの外交通商大臣として勤めた後、1月に(UN)事務総長官となった>、彼の母国政府の利害利益(要はエゴ)を進めていると感じている彼らに、煽り供給する。それらは財政的に政治的に、バンが長官就任する為に投資されたと

「UN事務局におけるコリアン(韓国朝鮮人)の偏より、の話だ」とサミール・サンバール<退役レバノン人で、UNのハイランク公務員として数10年勤めた>は言う。「コリアンが決定権を取得しつつあるという印象だ」

バンと彼の補佐官/側近者は、「えこひいき」とする主張は間違いだと言い、そして、『それらの非常に不快な非難はある種のレイシズム(差別主義)だ』と言った。彼は、彼が任命したサウスコリア同胞<チョイ、を含む。彼はUNの平和維持組織のハイランク公務員として勤めた>はそれらのポジションに大変適している、と言った。

「それは実にアンフェアだ、実にアンフェアだ、実にアンフェアだ」先月のインタビユーでバンは言った。UNで、サウスコリアン(韓国人)は歴史的に全然代表選出されてきていない。「私は意図的に、慎重に、コリアとは距離を置いてきた。あなたが同意しようがしまいが、しかし私はその理解認識に煩わされる。。。その、私がコリアンに依存し過ぎている、というのに」

サウスコリア政府は、バンの、彼の職、事務総長官への立身/出世の売り込みにおいて、重要な役割を演じた。そして、UNへのサウスコリアンの特使は、バンの「えこひいき」の件を、UNの平和維持活動や軍縮理事会(かな?)の改革を提案した事を含み、これらを擁護した。バンは、そうするうちに、サウスコリア<長い財政上の延滞(要はサウスコリアが滞納している国連分担金の事だね)>それらのお金を即時オンタイムに支払う事やDarfurにおける平和維持活動用に攻撃ヘリを貸し出す事などを刺激する為に彼の地位を使っていた。

その人の国の、同国同胞人を雇う事は、UNにおいてデリケートな物事だ。UN憲章は、(UN)公務員は彼らの国の政府からの如何なる指令も受けてはならない、という事を命じている。しかし、バンの様に、多くのトップUN公務員が、彼らの国の政府から、サポートする為の仕事を負ってしまっており、そして彼らは時に彼らの国の政治的活動に明け暮れ続けている

前のUNのチーフ/長官(事務総長の事)は<オーストリアのカート・ワルドヘイム、ペルーのジャヴィエル・ペレズ・デ・クエラル、そしてエジプトのボウトロス・ボウトロス-ガリ、を含む>、信頼する側近の小さなチーム、或いは彼らの国の外務省から事務職員を連れて来た。しかし、幾らかの職員は、バンはもっともっとやってしまっていて、UNのランクにおいて前年の20%以上など、サウスコリアのフレゼンス向上、押し上げに捧げてしまっている

「ペレズ・デ・クエラルが募集したあるペルー人、それは私だよ。私は彼の特別補佐官だった」(という人物は)、ルバロ・デ・ソトと言い、前のペルー人特使で、ペルー人の求職応募には厳しい断りの指示を与えられた。

サウスコリアは1991年にUNに加盟し、そして、存在感(プレゼンス)は停滞したままだった。UNの記録は、サウスコリアが、そのUNの11番目に大きい財政的貢献国(要はUN分担拠出金の事。とは言っても米、日の20%前後からすると、2%3%程度だが。確か)で、54人の配属されたサウスコリアン同胞人が、その、バンがトップ職を引き継ぐ6ヶ月前の使節だ、と示す。対して、もっと貧しい国のフィリピン人が759人の同胞人を擁していた。

しかし、サウスコリアンのメンバーはバンの短い在職の内に急速に66スタッフにまで増えた。前年におけるバンの最も重要な任命は、キム・ウォンスー。バンのUN事務総長への選挙運動に奔走した、前のサウスコリアン職員だ。キムは、二番目に最も影響力を及ぼすUN公務員、管理職そしてバンの政治的プライオリティー(優先度)を補佐するのだ、と見られている。

バンはまた彼の前のボス、ハン・センスー、前のサウスコリアの外相でUN総会の議長(かな?)、を気候変動におけるシニア審査員へと任命している。他の目立ったサウスコリアンは、「人権」や情報テクノロジー部門のハイ・コミッショナーのポジションを確保された。

サウスコリアの外務省<また、それらの求職競争から補充した>から
それなりの数のミドルレベル(職)にリクルートされたサウスコリアン同胞人は、バンの執務室、報道室や運営組織にに登用された。
幾らかのUN公務員は、サウスコリアン(韓国人)へのバンの「政治的出先機関(?多分)」、または「埋伏」だと言及し、彼らはUNの指揮系統を陰に傷付けるものだと言っている


他が言うに、それらの不満は嫉妬に駆られたものだ、というのもある。「私が考えるに、サウスコリアから来れば、それはまたその人はサウスコリアに対する関心(respect)を育てる。それは、事務総長の偉大な増進だ」と、ドナルド・P・グレッグ、前の米国駐サウスコリア(韓国)大使は言った。「もし彼が、彼の良く知る人々を能力に添って連れて来ているなら、それはプラスだと思う」








やれやれ…
もう本当にイヤになる

何か質されりゃ、何かありゃまた「不当な差別」

呆れる

何時まで経っても変わらずに、そんな汚げな事ばかりしてるのが、
一番いちゃいけない国際的な公の場にまた居て。



 ニューヨーク・タイムズのオオニシだとかいった様に、昨今の左狂いだとか、同様に内部浸食系コリアンorチャイニーズ・エゴだとか、そういうものが総体的に先進民主主義国であればあったでよく存在し得るので、どちらかと言えばワシントンポストも確かそんな感じであると思うので、だとするとよくちゃんとこういう問題を書いたな、と少し感心したものである。と言うか、

書かなきゃ駄目なんだよ

民族エゴだとか国家エゴ、どんなレベルでも物事を汚く掻き回すのはそういったもので、差別は不当だが逆差別もまた当然不当であり、それらをメディアが報じなくて、新聞が書かなくて、ニュースが流さずに、一体誰がそれを伝えるのか。


 それは、もし日本が、或いはアメリカが、フランスが、イタリアだろうがドイツだろうがアフリカ諸国だろうが、どこが同じ様な事をやったとしても同じ様に追及されるべきもので、事実としてそういった面があるのならば批判は甘んじて受けねばならず、その様な悪辣なエゴはどの国も人も慎むべきだ。まして、UNが世界規模での中立・公正な機関たるべし、と言うならその場においては尚の事の二乗、である。



 また、そのWP記事を間接的に伝える記事も各社から報じられていた様だが、
後に伝えられた1月2日の産經新聞の概要、情報が加えられてもあるのでそれを筆者が要約すると、
大体こういった感じ







 潘基文がUN事務総長に就任したこの約1年で、事務局の韓国人職員数が、彼の就任前と比べて25%という急増状態である事が判明。重要ポイントが、この、事務局の決定に対して相当直接的に関与出来る幹部クラス(先のhigh-ranking U.N. official/significant position とかいった辺りかな)が特に異様な急増状態であるという事。事務次長補(ASG)以上のクラスが2人から5人へ。上記にもある様に異例であると見られている。

 気候変動問題特使に任命された韓昇洙(元韓国外交通商相)、事務総長特別補佐官の金垣洙(これらに付加されているUSG、ASGというのはそのhigh-rankingのクラスの事と思われる。事務次長クラス、事務次官補クラス)。彼らを含む7人もの韓国人スタッフが、事務総長室スタッフ総計64人中を占める(11%)。事務局外でも、先の催英鎮がコートジボワールの事務総長特別代表(USGクラス)に任命。11月には、潘の娘婿(むすめむこ)のインド人UN職員がUNイラク支援派遣団(UNAMI)の官房長に抜擢された件でも、UN職員組合は「縁故採用である」といった批判の旨を、文書で採択した。

この様な状態が、「母国の利益優先」とUN内部や外交官の間に不満や疑惑を起させている。

 対して潘は、「私は敢えて韓国と距離を置こうとしてきた。批判は不当だ」と強く反論。また、潘に近い高UN官が「『潘はUNの縁故主義を変えようと取り組んでおり』、公正な人物だ。就任前から採用が決まっていた職員もいる、批判に根拠が無い」と援護。その他、「コートジボワールの件は、危険な任務で候補者数件に断られた結果依頼した」「韓国はUN分担金に比べて職員数が少なかったから、事務総長官を輩出を生かして増強した」或いは、『嫉妬による批判だ』などと言う筋も幾らかは居るらしい。(一体どこまで厚顔無恥なのだろう…)

 ニューヨーク・タイムズ記者のジェームス・トラウプ(UN事務総長に関する著作も執筆している)は、「複数の韓国人スタッフが公式にせよ非公式にせよ、潘の顧問団となっているのは紛い無き事実。彼らは秘密主義とみられており、潘はその韓国人職員に囲まれている印象を与えている」といった様に指摘する



《自国出身幹部について》

前任のアナン(ガーナ/西アフリカ)の時は、就任前の2人から2年後に1人へ減少。
その前のガリ(エジプト/北アフリカ)の時は、2人から2人の横ばい。
その前のデクエヤル(ペルー/南米)の時は、共に無し。

(以上。敬称略)







PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]