忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 125124123122121120119118117116115NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<女性蔑視、反日主義、分断工作の発露が変態ニュース>


 最近少々国内ニュースを隈無く見ていられなかったので良くは知らなかったのだが、「既存メディアで蓋をされるものはここから出る」ネット社会発で激震を走らせているらしいこの問題。それでも飯時や何かにはかなりの割合でTVニュースを流している事も多いので、ほぼ全く目にもしなかったという事はつまりそういう事なのだろう。該当メディアはともかく他大手メディアまでホッカムリして、、どうも逃げているというよりは飛び火するのを怖れている様である。

とにかく内容が余りに低俗なのだが、基本的にこの手の類いは必ず「分断と反目」の工作にまつわる問題である。

しかしまあ汚らしい事だ。恥知らずここに極まれり。




毎日英字紙にも「変態ニュース」 11年前から多数の記事掲載

   毎日新聞社がかつて発行していた英字紙「Mainichi Daily News」が「バカ母SEX献身の実例」「ポケモンの意味は勃起した男性器」などと題した変態的な記事をたくさん掲載していたことがわかった。英語版ニュースサイトだけでなく、11年前の英字紙の時代からずっと続いていたわけで、ネットだからこそ起きたこと、ではなかった。
タイトルは「『受験生』バカ母SEX献身の実例」

毎日新聞の英字紙でも「変態ニュース」が多数掲載されていた

 「このような内容の記事が載ることは新聞本体ではありえないだろう。こうしたことが起きたのは、ネット新聞だったからではないか。ネットには『情報の情報化』をもたらす機能がある。新聞も週刊誌も個人ブログもその個別性を奪われ、ただ情報として並列に並べられる。このコラムの筆者はそういうネットの感覚に陥り、アングラでわいせつな雑誌記事を引用して一般紙である毎日新聞のメディアに載せてしまった」

 毎日新聞が2008年7月20日に掲載した検証記事には、「開かれた新聞」委員会委員のフリージャーナリスト・玉木明氏のコメントが紹介されている。玉木氏をはじめとする委員の論評は「ネット」ということばを連発しながら、毎日新聞英語版サイトへの批判を展開している。ネットだからこそ起きたこと、というニュアンスがつきまとう。だが、11年前の英字紙の時代から不適切な記事の掲載は続いていたのである。毎日新聞英語版サイト「Mainichi Daily News」の「WaiWai」というコーナーで、「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」「成績を上げるために勉強前に息子の性処理をする母親がいる」といった内容の記事を過去に配信し、「低俗すぎる」などといった批判が同社に相次いだのは2008年6月下旬のこと。08年6月27日には、当時常務デジタルメディア担当だった朝比奈豊社長を役員報酬10%(1か月)返上、記事を担当していた外国人記者を3か月の懲戒休職とする処分を発表した。さらに7月20日には英語版サイトが不適切だったとする謝罪文のほか検証記事も毎日新聞紙面や日本語ニュースサイト「毎日jp」に掲載している。先述の玉木氏のコメントに代表されるように、検証記事はウェブ上の問題に焦点をあてている。しかし、英字紙にもニュースサイトと同様に「低俗な」記事が数多く掲載されていた。例えば、1997年10月5日付英字紙では、「お母さんたちは墜ちていく、成績を上げるために!」と題された記事が掲載されており、この記事には「『受験生』バカ母SEX献身の実例」と日本語のタイトルも記載されているほか、日本人名の署名が入っている。内容は、成績を上げるために勉強前に息子の性処理をする母親がいるというもので、02年にニュースサイトで外国人記者の署名入りで配信された記事と同じものだ。

ネットとは関係なく「不適切記事」を流していたのは明白

 2000年1月16日に掲載された「金欠かい?ヘイ、君のフォークをいつでも売り歩けるよ」という記事では、男性が性風俗でお金を稼ぐ方法について雑誌記事を参考に紹介されている。また、2000年1月9日には「ポケモンの意味は勃起した男性器だった!!」、2001年1月7日には「関西発パーキングエリアで一発『トラックヘルスの快感プレイ』」と題された記事が掲載されている。

 毎日新聞社社長室広報担当はJ-CASTニュースに対し、英語版ニュースサイトの「WaiWai」は、2001年3月の英字紙の休刊にともなって掲載されたものであると説明した上で、「7月20日付の検証紙面は、国内外に不適切な記事を発信した英文サイト上のコラムについての報告を中心に、英字紙時代のコラムについても、(1)国内の週刊誌や月刊誌の記事を引用しながら、日本の社会や風俗の一端を紹介する狙いだった(2)性に関する話題なども掲載され、編集者が表現を和らげるよう指摘することもあった(3)毎日新聞本紙のような綿密なチェックは行われていなかった――と同検証記事において既に言及しています。詳細は検証紙面をお読み下さい」と書面で回答してきた。

 確かに検証記事では、毎日新聞社が言うような内容のくだりは存在しているが、英語版サイトと同様に英字紙でも不適切な記事が多数あったとの説明はない。また、検証記事ではニュースサイト編集長の肩書きを持つ外国人記者1人がニュースサイトの不適切な記事を執筆していたことが要因としてクローズアップされているが、英字紙では複数の外国人記者や、日本人と思われる記者によって執筆されていた。検証記事では、「スタッフは外国人のみで日本人の視点が欠けていた」「ウェブに移行した時、海外も含めた社外に英文で情報を発信することの重要さについての認識が社全体に足りなかったことも指摘せざるを得ない」などと今回の問題の要因を分析している。しかし、実際はサイト掲載より以前から「紙媒体」で行われていたこと、英字新聞では日本人と見られる記者も執筆していることなど、ネットとは関係なく「不適切記事」を流していたのは明白で、背景には根深いものがありそうだ。

(2008/8/13 J-cast)




「日本人としての視点が欠けていた」んじゃない。

「人間として最低限守るべき尊厳が欠けていた」んだ。





 MDN(毎日デイリーニューズ)にタブロイド・トウキョウだのジャパン・タイムズだのとこの低俗な連中の英文「変態」記事が海外発信されている。一種の性的倒錯を表現している、或いは性欲対象エロそのものを目的としたエロ小説やエロビデオではない。

記事である。

毎日新聞に潜り込んだ事で、その権威を借りる事をもって米州機構(OAS)データベースにもこれらを捩じ込んだとか。
NYT(ニューヨーク・タイムズ)の権威を借りて同様の工作を続けるノリミツ・オオニシと同系統の者達。

有り得んな、この変態ども。

というか、こんなヨタ話どころか汚らしいレイシズム変態記事を日本の人身売買に関する資料の出典として、実際レポートに引用される事例が発生しているらしい。

こんなもんが一次資料かよ!!

一体何処の世界の国地域に行けば、息子の成績を上げる為に母親がフェラチオする国がある?可能性という観点からみれば何十億という人類の中でそんな異様な事例もコンマ%であるかも知れないが、そんなものが蔓延している様な国など聞いた事がないわ、常識で考えてみろというのだ。第一先進民主主義国家とか途上国とかそういう問題でもなし、そもそもポケモンが勃起という意味って…もう意味が分からん。単に汚したいだけだろう。

どんだけ杜撰(ずさん)なんだ。





 この問題については多々騒がれ錯綜しているみたいだが、、どうも違和感があるというか、そう簡単なものでもない気がする。取り敢えず毎日新聞を叩けばいいというものでもなく、その先や奥を観ねばならない。
毎日はエゴ組織員、スパイ組織員、イデオロギー組織員(何れもどれかに擬態したり重合してたりね)というのが混在していて統制がとれてない。ガバナンス不在というか、取り得ないというか、取り辛いというか。
何かと言えば勝手に走るのや、時限爆弾とか、リモコンで爆破される組織破壊工作、対立誘導、「焦点誘導」
基本的に、前から指摘している事だが韓国朝鮮系の反日愛国・民族主義も相当潜り込んでる。それはつまり、これを操る存在があるという事だ。

ライアンというSPYの末端、トカゲの尻尾を切りつつ埋め込んだ爆弾爆破して毎日潰し

これは、、どっちにしろやはり酷いな

ライアン工作員
何がお洒落に英語だ…「下品に工作」だろうが

 このライアン・捏ねる…じゃないコネル(Ryann Connel)とかいうのは、SPYエージェントだろ。工作員。
さもないと、果てしなく程度が低過ぎてとても人間業(にんげんわざ)とは思えん。幾ら何でもここまで汚らしいレイシストというか、嫌がらせをする奴が今の時代にそうそう居るとは思えんのだが、、まるで一昔前の有色人種差別じゃないか。いや、まあそういう外道は居たりはするものだが、差別にしろ逆差別にしろ。いや、そう言えばバウネットだとか反日コリアイズム(精神荒廃)過激派にたまに居るか、、これくらい気持ち悪いのも、、、
どちらにしろ正規人員でなくても暗に諜報工作利用されてるかという所だろう。以前にも述べた通り、スパイにとっちゃ工作目的達成の為に完全に協力者として需給、支援(雇用/工作)関係が成立していなくとも、利用される者が意識してようがしてまいがミッションが成り立てば、そんなものはどっちでもいい話だ。


 このMDN(毎日デイリーニュース)にしろタブロイド・トウキョウ、とかいう「海外発信する」低俗媒体のも併せて(週刊現代が凄い立派に見えて来る程)、もう汚らしくて阿呆過ぎて馬鹿過ぎて相手にするのも嫌になってくるが、ここで名前連ねてる明らかなる敵対的移民・移住者(反社会的、不良外国人、単なるインベーダー)は、

Tabloid Tokyo:著者:ライアン・コネル(オーストラリア出身/編集者・ジャーナリスト。毎日新聞MDN編集長<と言っても人員は彼一人のみの部門>)、マーク・シュライバー(米国出身/翻訳・ジャーナリスト/ライアンと共にWaiWai担当。ジャパンタイムズでも同様の活動)、ジェフ・ボティング(カナダ出身/フリーライター・ジャーナリスト)、マスオ・カミヤマ(ペンネーム・神山増男/本名・国籍不明の日本外国特派員協会<FCCJ>会員/南京大虐殺70周年記念日に抗日記念館訪問、イスラエル・ホロコースト記念館訪問の記録が確認されるらしい)、マイケル・ホフマン(詳細不明)、タケシ・イトウ(国籍、存在共に不明の主要ライター)//出版社は講談社インターナショナル

今回のこの汚げな案件においてライアンに賛同している有道出人(米国出身帰化日本人/北海道情報大学経営情報学部経営ネットワーク学科準教授/ピースボートに参加/小樽銭湯裁判。こういった行いから自国の米国総領事館から警告を受けて米国市民権放棄。その他地方自治体に陳情、NTTに抗議、マンダムに抗議、2チャンネルと訴訟、HISに抗議、日本の国歌斉唱に反対、、、ファミリーマート、ホリデースポーツクラブ、北海道情報大学、東横イン、北海道新聞、日本語能力テスト、洞爺湖サミットの警備検問について等々…ことごとく抗議だの非難だの反対だのと、日本人の外国人・人種差別だ何だとアチコチで訴訟や揉め事ばかり起している。非常に恣意的に、わざわざ揉め事を起こしているトラブルメーカーとして有名)トニー・ラズロ(米国人ジャーナリスト/NGO一緒企画の代表。反差別国際運動(IMADR)にも参加。有道がわざわざ起した裁判案件の背後に居たのがこいつの模様。週刊金曜日にコラム寄稿。その他思想的に靖国反対、石原慎太郎反対、らしい。)等も含めて、

ことごとくプロ市民的な組織なり団体なりに入って活動してるか、そんな感じじゃないか。怪しいあやしい。
何れも大体米国やオーストラリアなどからの白人系である様で、言えばそれは確かに外国ではマイノリティーになるのだが、彼らの脳内ヒエラルキーでは逆差別というよりストレート差別主義か。
まあ、何れにせよ差別利権に張り付いているのには変わりない。

また、
何時だったかに話題になった、腐れオーストラリア人による無礼千万な皇室侮辱本。これを書いたベン・ヒルズ。少々引用させて頂くが、



…しかも、この本を書いたベン・ヒルズもオーストラリア人であり、英文毎日の編集長代理ライアン・コネルと同じ国の出身なわけです。ライアン・コネル氏の奥さんは日本人だそうですが、この本の取材にも協力しているベン・ヒルズ氏の奥さんは母親がホリプロ役員、父親が劇団四季の創立メンバーである在日韓国人三世の金森マユ氏(現在はオーストラリアに帰化)です。金森マユ氏は統一教会系の世界女性平和連合の反日イベントに参加・協力するなどかなり香ばしい方です。で、このベン・ヒルズ氏の書いた皇室侮辱本を読んだ外国人が、「日本人の母親は子供に性的サービスを行う。」等と検索すると、同じくオーストラリア人のライアン・コネル氏編集の日本人変態記事がヒットするわけです。しかも、日本の三大紙の一つ毎日新聞のサイトなわけで、検索した外国人は、「やっぱり、日本人は変態だし、日本の皇室も変態だ」と思うわけです。』

(ヒロさん日記)







メモ:

この様なものもある。

◆マイケル・A・ホフマン
 アメリカのシオニスト・リーダーたちは「ウォールストリート・ジャーナル」の論説で明言している。イラクをねじ伏せたら、次はシリア、イラン、サウジアラビアを屈服させるのだと。(著書より、二百三十五頁)
◆マイケル・A・ホフマン、モーシェ・リーバーマン共著、太田龍
 監訳「パレスチナ大虐殺(英文原題、イスラエルのパレスチナ人に対するホロコースト)」
◆マスオ・カミヤマ
配信英字紙にて1995年5月28日「Strong parallels between AUM , Soka Gakkai revealed / Shukan Jituwa 創価学会は脱会者の脅迫、いじめ中止」1995年7月2日「Foreign fookers converge on Chiba in search of the mighty yen / Shukan Jituwa 金髪美女乱交パーティーの大盛況ルポ」1995年9月10「The deepening mystery of an assembly woman's death / Shukan Hoseki 反創価学会の“闘士”女性市議が異常な「転落死」!」1996年2月4日「Utsunomiya residents in uproar over religious group's "invasion" / Shukan Gendai」「Police padding books with payouts to phony informers / Friday 幸福の科学「栃木進出」に宇都宮市民が猛反発!」等が記録にあるという。


PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]