忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 96109108107100989795949392NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拉致誘拐、国際テロであるこれを適当に済ますのならば、人権人権というその人権とは一体何なのだ!



 拉致問題について、「自国民を拉致されるという横暴に対して問題意識が薄く、毅然とした態度を取らない様な国は日本くらいだ」という怒りの声を時々聞くが、そう。
本来ならどこの国だって、自国民を拉致されてそれを返さない、などというこんな状況は完全に戦争事由である。だが、現実的には日本の他、確かオランダやタイ、フランス、イタリア、マレーシア、レバノンなど数国、そして韓国に至ってはそれらどの国よりも多くの人々が北朝鮮によって拉致されているはずなのである。なのに、そこまで熱心である様でもない。どちらかと言えば、日本はかなり熱心にこの問題に取り組んでいる方だと冷静に見てある程度思う。山拓や加藤紘一やら平沢らの様な阿呆はともかく。

昨今の勘違い左派・的な風潮、昨今の強烈な弱者利権の根因たる逆差別の風潮
そしてそれらがのさばる社会は、実に弱者の権利だの人権だのと振り回すくせに、

その人権の最たるものを何故か軽視し、
その人権侵害を見てみないフリをする

ニセモノなのだ。そんなものは

日本だけじゃない。

同じ境遇にある各国
そう、拉致だけじゃない

その北朝鮮の歪んだ体制により激貧に落ち入って餓えている人々

そう、この間から大きく問題になったチベット・内モンゴル・東トルキスタン・台湾
チャイナ国内の共産主義以外の他思想、宗教の人々

チェチェンなどに見る様にロシア方面でもそうだ。

東南アジア、アフリカ、中南米

そして泥沼の中東


人権とは、一体何なのか?



しかし、こうやって一つずつでもちゃんと目を向けて向き合って、皆で考えてそして力を合わせてゆけば、そんな悲劇に苦しむ人が減っていくだろう。


日本は、言い続ければ善い。
色々難しい人権問題だが、最低限この拉致問題などは、何処からどう見ても完全なる人権侵害問題なのだ。

だからむしろ、一番熱心な日本が臆する事無く、他の被害国や世界をリードすれば善いのである。

各国や、人々の、その正義感や善なる性質を呼び覚ますのだ。

あなた方は自国民が拉致誘拐されても平気ですか?救い、取り返す気は無いのかと。




__________________


中山補佐官らの意見をよく聞くべき。勿論、家族会や議連、そして国民の声を!





そして、噛んで含むようにでも、毅然と、何度でも伝えるべきである。
この問題について日本に妥協などない。

拉致問題の解明と被害者の帰還は、外交の利害取引きではない

この問題は、利害の取引きではない

我が国は、当然の事を当然として、国民を守らねばならないのだと。
そんな根源の様な物事が果たされぬまま、安易な制裁解除や国交交渉、人道支援がどうなどと言った様な馬鹿げた話は聞き入れられるものではない。

首相、議連、家族会でもメディアでも国民一人一人ででも、何ででも、
アメリカへもよくよく伝える事です

日本国民、韓国やその他各国の国民を拉致誘拐した国際テロに、日本は決して屈しない

友人、同盟国でもある貴国には、真摯な態度を期待するものである

しかしもし、これらの問題を無視して適当に済まそうとするのならば、それは両国の信頼関係を大きく損なうものであると認識して欲しい

この問題は、外交の利害取引きだとか、それ以前の問題である。

 核問題につきもののエネルギー見返り支援だとかそういった、現在の世界情勢ではある程度交渉余地ある事案と、拉致問題ではそもそも次元が違うのだ。その問題が同時に同国対象で起こっているだけであり、だからといってどちらかが軽視されるものでもなくプライオリティーとして両問題が並立して最上位に位置するべきである。その上で、完全なる国際テロ、最たる人権問題である拉致問題に利害取引きの性質は無いし、また決してあってはならない。つまり、少なくとも被害当事国の一つである日本としては、拉致問題解決は他問題以前の前提問題であるという姿勢で善いのだ。どんどん国際社会に訴え、呼掛けて理解を求めれば善い。


そもそも米国はこの期に及んで、何でそんないい加減な交渉をまたしたがるのか?
また、インド洋での協力についてどれだけ日本が、国際社会もそうだが実質当事者国である米国を助ける為に配慮して苦労したか、もう忘れたのか?

 インド洋での海自給油については、日本は内閣が空転する程、あれだけ散々に揉め、3分の2強行を使ってまでして、そして助けたのである。同盟国だからだ。
そして法や自由、人権といった基本的な価値観を共有する友国であるからこそ日・欧州等の国々も、その人命という最大の人権侵害に対して、大義的にも協力してきたのである。なのに、のど元過ぎれば何とやらで、自分達だけ良ければそれでいいのか?まったく冗談じゃないのだ!

(※国際的な役割という部分は当然あるが、それが、どれだけ窮していた米国の助けになったか、配慮があったか分からないとは言わせない。これはそうとう米国にも効いていたはずだ。そこで、

 アーミテージ氏は、日本が洋上給油再開を決定した後、日本に関心を持つワシントンの米国人関係者が日本人から「米国は決定をどう受け止めるのか。感謝しているのか」などと質問されたことを紹介。その上で「そうした質問は間違っている。(給油活動は)日本が世界における自らの役割をどう認識するかという日本自身の問題だ」と強調。他人の評価ではなく、自らの信念に従って行動するよう求めた(共同)

この様な事もあったそうだ。感謝するという米国議員の声は多く出、下院で確か感謝決議までして採択もされたはずである。アーミテージなどは特に親日家でもあり、米国の真っ当な政治家の一人であると思うし、これは正論と言えば正論なのだがズルい言い方で、どれだけ米国が日本に協力を求めていたかは明らかだ。シーファーも駆けずり回っていただろうに。相当の配慮はするものであるし、それがあったのは誰の目にも明らかなのだ。アーミテージが言っているのはあくまでも建前論と、あまりにイニシアチブを取られるのを嫌ってかわしているだけであり、本音では分かっている。だから、そんなのをはいそうですか、なんて聞いて納得していたら駄目なのだ。ただ、正論は正論ではあるし、まあアーミテージだからそこまで追い詰めなくてもいいかも知れないが、しかしながらちゃんと釘を刺して置く事は必要なのだ。何せ、あれだけ掻き回されて揉め倒したのだ、これでもし本当は感謝もしていないんだったら、友好関係考え直した方が善い。)

故にこれらからも、日本は自国民を守り、人権という大切な価値観を鑑み、またそれを訴える国際的な役割と考える為、米国が今回その様な適当な始末を望むならば日本はその様な条件では参加出来ない。くらい言えばいいのだ!



また、サミット前ではあるが、何でこんな時期にこの期に及んでまたこんな事を言い出したのかであるが、


 メディアで幾らか言われていた様に、確かに今は、米国の現執行部は来年1月のブッシュの任期切れまでになにかの手柄が欲しいと考えている部分が大きかろう(日本国民、拉致被害者そっちのけで北朝鮮の悪しき方向の為に動き回る山崎やら平沢あたりの北利権は、ブッシュ以降ではこのいい加減な始末が難しいから、もうここしかないという北朝鮮の悪あがきに呼応してここまで無茶苦茶な動きをみせているのだ。)。勿論、その適当な始末で中東へ集中してどうにかしたいという思惑もある。
しかし、6カ国会議やその前に、この様ないい加減な真似をして会議の不調どころか同盟国を大いに怒らせ、信頼を損ねる事になれば、手柄どころかそれは失策となる。
この、功を焦り、勇み足で失策に失策を重ねる明らかな失策は、間接的に選挙にも響くだろう。

逆に、日本と共に真の解決へ向けたステップを確立したならば、それは真のステップ、成功として胸を張って言えるもので、評価にも自然と繋がる。関係各国、そして日本も、これを評価するだろう。

現ブッシュ政権の支持率は極めて低い。(AFPによれば直近のブッシュの支持率は25%以下。この低支持率は一過性のものでなく継続的に続いているのであり、最早80%近くのアメリカ人が今の米国のやり方、執行部を支持していないのだ。まあ、うちの福田も人のこと言えないんだけど、、、)
そして、度重なる失策と、何と言っても泥沼の中東に漬かっている上にサブプライムショックで経済、財政も非常にマズく、さすがにもうアメリカ人もウンザリといった厭戦気分と、そして自信喪失で意気消沈している部分が強いようなのだ。まあ、そらそうだろう。故にその分、このダウンスパイラルを何とか止めて、変えたいという想いは強くなる。当然だが、来年のその米国大統領選は相当な熱を帯びたものになるだろう。今のままの共和党では駄目だという事である。共和党が変わるか、オバマに変わるか。

(※オバマの外交政策はどんな感じなのかイマイチよくわからん。ただ、確かに魅力的な人物ではある様だ。マケインのブレーンにはアーミテージやマイケル・グリーンといった真っ当かつ優秀な辺りが居てがっちり支えるという事だそうで、ならばその姿勢はどっしりた真っ当なものへ、日米関係、意思疎通にも現執行部に比べてより、遥かにプラスになるだろう。アーミテージやグリーンというのは親日派でもあり、現在の執行部の意味不明な北との癒着には「どう考えてもおかしいだろう!」と怒っていた辺りでもある。つまり、まともなんですな。)

またしかも、日本は拉致被害者の家族としても国民の意見としても明らかにその拉致無視の適当な始末に反対し憂慮しており、もし、その様に進んだら進んだで下手をすれば福田内閣は終わるのじゃないか?政局が薄っら見えているが、どちらにせよ首相はサミットの成功を納める為にも、そんな馬鹿な話を適当に進めない事だ。サミット後に何があろうが、今はそれは忘れて福田さんはサミット終了までの、ここにかけろ!もうあんたはここしかない

であるから、この様な状況から、以上以下の事を噛んで含む様に話しても分からない、聞かないならば、
半年から数ヶ月で誕生する新しい大統領と協議する事とする、とすればいい。もし、今日明日(※G8外相会合/日米豪戦略対話)にでもテロ指定解除、、とか進めようものなら、これで上記通り「明らかに不正義である人権侵害を軽視して無視した為同盟国の信頼を大きく傷付けた」失策へと変化するので、何も善い事はなく、サミットまでにだとか、45日間の申告内容検証期間に考え直した方がいいと伝えるべきである。





その他にも、


いいですか、現状を良く見極めて

北朝鮮には大義などなく、経済も自らの失政でボロボロ、チャイナにまで足元を見られて、工作で翻弄していた韓国もハタと目を覚ましかけていた。
そして、米国も「やっぱり、、、」とライス→ヒル執行部も下手な手が打てなくなりつつあった。
だから、急に最近になってまた、やれ「米国は〜!!」「韓国が〜〜!!」とヤイヤイわめいたり、海に低質ミサイルを落としてダダこねてみたりしていたのだ。

(※この月6月上旬に韓国で起こった4万人規模、警官1万人投入、市民100人・警官40人以上が負傷/とかいう強烈な牛肉輸入再開反対の大規模デモは、確かに日本と同じで内容自体は本来的に反対されてしかるべきものだとは前から指摘してはいるが、時期的にあそこまでになるのはどう考えてもおかしいだろう。確か、前はそうでもなかったくせに。反日愛国民族主義によるヒステリック教育で精神と判断力を腐らせるから何かと言えばいざという時にこうなるのでもあるが、そもそも、李政権は始まったばかりで、金大中・盧時代の傀儡的親北政策の影響も残っていて、政権発足当時から運営が大変になるのは分かっていた事だ。支持率が下落だそうだが、これらも実に北朝鮮の工作で煽られている可能性が高い。)

(※実質的なリアル・パワーの側面としても、関係各国が、軍事・経済・情報・技術力等々あらゆる面において、北朝鮮が日米韓始め国際社会と対決するのは、ほぼ自殺行為であり、実に無意味である事を理解させれば良いのだ。よしんば暴発してみても、いざとなれば日本自衛軍単体の戦力でも戦えるし、ましてや同盟国である米軍は必然的に当事国にもなり、フランス・ドイツ・イタリア・イギリス・カナダなど欧州のNATO軍、オーストラリア軍、ニュージーランド、東南アジアだってなんなら協力を取り付ける事は出来るだろう。そんな状態で、「大義も戦力的有利も利益も壊滅的に無い」激貧状態の北朝鮮の為にどこかの軍が存亡を掛けてまで加勢すると思うか?まともな戦略家なら絶対そんな愚は犯さない。チャイナ軍ですらまず動かないだろうし、ロシアは動かないどころかむしろ北にとって敵軍となる可能性すらある。そして当然、韓国もそうだ。幾ら前政権までの北朝鮮傀儡的誘導工作があったとはいえ、在韓米軍が有る状態で間違っても北サイドにつく事は有り得ない。ましてや、李明博は韓国をそういった状態から変わる外交政策をとり始めている。よく考えるべきで、結局どうあろうとそんな悲劇のシナリオの戦地は、また、南北朝鮮半島なのだ。誰が、どこの国地域が最も傷付くのか考えてみたらいい。実に無意味に血が流れ、また南北朝鮮戦争状態に落ち入って北朝鮮は滅びる。彼らにとっても最悪のシナリオじゃないか。そんな醜いだけの悲劇より、もっと善い方法がある。以下へ↓)


それが何故分からない。

つまり、北朝鮮は手詰まりなのだ。

悪い事してるのも北で、困ってるのも、弱ってるのも、北朝鮮なのである。


日本も、もちろん韓国も、他の拉致誘拐被害国も、何を今更、本来堂々と発するべき、

「誘拐した自国民を返せ」

と言う事を憚っているのか。この期に及んで!

そしてこれはよりよい解決のチャンスでもあるのだ!

大前提の拉致問題をに併せ、核問題、麻薬や偽札などおおよその悪事から完全に手を引かせる事で、各国が許す、安全保障する事を取り決めて、
これらをそもそも弱り果てている北朝鮮に理解させれば、拉致、どころか核も全て解決に向かって行く。
そしてそれらを進め、段階的にテロ指定解除、制裁解除と進めていけばいい。
そうできたならそこから色々分かって来る事もあると思うし、更に善い方向へ持って行くドラスティックな方法も考えられるのだ。
つまり、全てが履行される事で、北朝鮮の金正日を受け入れてくれる第三国があるなら亡命させ、一気に「南北朝鮮統一」へのプロセスにすら進められるのである。
これには、各国拉致被害者や国民の理解を得る事も必要で、もしそれを考え、各国がやれるなら国民に問う事である。
これはあくまでも私個人の意見なのであるが、前からこれが本当にやれるならアリだと思ってそう言ってきた。最近似た様な話だ出てきて、ガセがどうとかと確か批判されていた様で、しかし私はその報道内容は今は見ていないのでそれは置いておくが、私個人の意見としては、拉致問題も核問題も、全ての懸案と無益な対立が解決されるなら、これを許しても善いと思う。それは勿論聞いてみないと分からないが、拉致被害者の家族の方々も、理解されるのではないかと思うがどうだろう。
甘いと言われる方もおられるかも知れないが、国家や国地域という規模の非常に大きな対立と闇を取り払うにあたり、マクロ的に見て、これならばやむを得ないと思うのだ。
皆さんはどうだろう。

ここまでやれるかどうかなんてそれは勿論分からないが、一つの案として協議しないよりしてみた方が選択肢も広がる。
北にとっても韓国にとっても、周辺国家、民族問題にも、最も穏やかな結果をもたらすのではないかと思うのである。

まずは、G8外相会合/日米豪戦略対話あたりである程度話すのだろうから、上記の方向と発展系を話し合ってみたら善い。
無論、こういう方法もあるがもし可能ならば良いかというのは、被害者家族にもちゃんと、正面から意見を聞いて、可能ならば理解を求めるのである。
戦略対話、つまり明日から来月のサミットまでに次の6カ国協議の日程や方向を段取りしたいのだろうが、日程など不都合なら後日に幾らでも変更がきくのだから上記の事を模索してみるべきである。中山補佐官にもよくよく、是非、ご意見を聞いてみるべし。


その実、最も穏やかで、恐らく誰にとっても救いのある、寛容なこれらの提案、
それにすら乗れないだとか、まだ、この上も、
拉致問題という外交利害以前の問題にすらいい加減に、適当に済ませようというのならば、

日本は、こんな馬鹿な話は知らん、と放っとけばいいのだ。
そして、当然だが金もビタ一文出してはならない。

先に書いた通り、こんないい加減な始末は誰の為にもならない。
手柄が欲しい辺りにも、それでは手柄にすらならない事を分からせるのだ。

そして米国に関しては、ブッシュの任期は数ヶ月後に切れるのだから次の大統領とよくよく話し合えばいい(45日間の申告内容検証期間もある)



福田総理は、

もうここにかけて欲しい。あんたはもうここしかない。
ここを米朝の妙な癒着に簡単に流されてリカバー出来なかったら、もう完全にそこらじゅうから見離される。
総辞職か解散だ。


初めてくらいかな?

貴方を応援するのは


ここを頑張れ!!



やって駄目だったらそれはそれでいい。努力したなら認める。

しかし万が一最上に上手く行ってそんな穏やかなプロセスの道筋を付けたら、

大手柄だよ?歴史に残る


何にもせずにただ事なかれで流されて、自侭な思惑とエゴの産物である癒着に妙な合意してきたら

その時は、もう完全にあんたの事は知らん

これから大一番続き、いっぺんくらい皆がびっくりする様な気合い見せてみなよ


貴方、日本国総理大臣でしょう!





PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]