忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 10210111096109108107100989795NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本稿は【民族問題 × 歴史 × 精神疾患】の後に続く一連のもの。何項目か飛ばしている状態/※注:この項目における出来事、事象、また執筆は更新日時現在のものではありません。お取違えなされませぬよう詳細は右に。<07/12/8〜12/14辺り>



【注意点】


 そこで、先に(インチキと)触れた気を付けるべきポイントが更に、ワントラップある。
まあ、全て焦げ付いて国債のデフォルト(「もう払えませんから、無かったという事で…」という、国家単位の自己破産みたいなもの)の様な真似をやられても目も当てられないが、その前に、ワントラップある。更にそれにおけるポイントは、ドル建て。ドルを世界経済の基軸通貨という状態に保持する事に躍起になる理由もある。

つまりそれは、為替を大幅なドル安に仕向ける事だ。

これでもって、米国の外債(対外債務<借金>)は一気に目減りする。

ピンとこないかもしれないので、私も似た様なものなので、明快に理解し易い様に書いてみよう。

ここ、味噌である。嫌がらないで是非見て欲しい。





例えば、

AさんはJさんからお金を借りている。

ただ、2者が日常に使用する通貨が違うので、その通貨自体のお互いの価値は、それぞれの総体的状況によって日々変わるものである(為替変動相場)。

ここである。
では、AさんはJさんからお金を借りる時、何を基準にお金を借りるのか
例えばだが、「金(きん)に替えて、金十貫、金何グラム」だとかいった絶対的な基準があれば良いが(金だって相場なのだが、、まあそこは突っ込まないで)、そうもいかないのでお互いの通貨のどちらかで、何時いつに幾ら幾ら借りました、とこう証文を取る。

ここで違いが出て来るのである。

10000¥を貸しているのと、100$貸しているのとでは、額が時によって変わってくるのだ。


 まず、1ドルは100セント。そうすると、1ドル(100セント)=100円がほぼ対等であると考えて良いか。
現在はややドルが高く、1ドル(100セント)=113円だとかその周辺だが、それだと分かり辛いし、例であるので最初は1$=100¥とする。
ここで、これが固定相場だったならば、1$が100¥だろうが115¥だろうが別に何の支障もない(他に支障があるから固定ではない)。だが、変動相場であるから話がややこしくなってくる。また、ある種のトリックが存在し得るのである。

さて、では行こう。


『1$=100¥』 である。

円基準で、10000(一万)¥貸した。/ドル基準で、100$貸した。
(或いはAがJに借りたと捉えてもどっちでもいい。この場合はJがAに貸したという視点でいく)

10000¥=100$/100$=10000¥

この時点ではこれは「1$=100¥」であるので全く同義。

しかし、
円高ドル安が進んで、或いは取り決めて進めて、

『1$=50¥』 となった。

するとこうなる。

10000¥=200$/100$=5000¥

(数学的に代数でも置いた方が正しい説明になるのだろうが、この方が解りやすいと思うのでこれで。)



何と言う事だろう。
貸していた(借りていた)お金が、どちらのお金基準で貸し借りしていたかによって、為替が動くと180°真逆の効果を持つのである。
もうお分かりだろうが、

1$=100¥→1$=50¥ の場合

円基準10000円で貸していたら、200$を貸している事になり。

ドル基準100ドルで貸していたら、5000¥を貸している事になる。




そう。例えば、

「10000円貸した」と思っていたら、「ドルで、100$借りでいい?」というので、「うん」なんて言っていたら、
「ちょっと借金とかで事情悪いからさ、1$=50¥にしてよ」などというので、「ふ〜ん」と言っていたら、
「はい、こないだの借金、ありがとう!」と5000円が手元に帰って来たのである。


ほとんど詐欺みたいな話だ。


 まあ、為替は連動するから相対的なドル安となって米国からすれば借金が目減りする反面、資産も目減りするという事でもあるが。
ただ消費浪費で借金塗れだったら得る事の方が大きい訳であり、例えば会社が倒産前提に融資を掻き集めて、浪費だとか資産を名義変更するなどしてこれを移動、隠蔽を計った上で意図的に破産するのは、これは犯罪でないのか、という事である。地検特捜部に突撃して欲しい様な話だ。


 しかしながらそんな事をもし本当にやった時、米国とは本当にプレゼンスも無くし多くを失った、単なる2流3流国家に成り下がっているだろうが。そんな事を押し進めようと画策する様なのがいるとしたら、それは米国の友人でなく敵ではないのかなあ。とも、まあ思ったりもする訳でもある。






 さて、この部分が大分長くなったのであるが、少し戻って頂いて、
財政だとか収支の辺りをもう一度見て欲しい。米国の自転車操業、サメ・マグロ泳ぎの辺りである。
赤字、赤字を埋める為に国債を発行して、その借金を返す為にまた借金を刷る…、、

はて、、何処かで聞いた様なフレーズ、、、

と思われた方もいるのでないだろうか(消費者金融で借金してパチンコして返そうとかいうど阿呆な話でなく)。

そう、「日本の借金」というやつである。

上記の様に、まあアメリカはアメリカでもう相当無茶苦茶な話であるが、日本もあまり他所の事ばっかり言っていられないのだ。
では、日本の方について、いこう。

PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]