忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 208207206205204203202201200199198NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<チャタムハウスやMI6、財閥等…>

その他にチャタムハウスというものもある。
これは同様のものでUKのもの。CFR等と関係が深い。


Chatham House


Chatham House(UK王立国際問題研究所):Founded in 1920 , based in London. チャタムハウスの名は当施設の所在地による。前述のものと同じく内容は大抵非公開。また、やはりUKの外交を始めとした政策に大きな影響を与えていると思われる。2006年の開会レクチャーでは、米国のライスが登場しており、米国のイラク戦争への決断を堅持すると声明している。一方で、ブレア政権下のその同2006年、Victor Bulmer Thomas(チャタムハウスのディレクター)が発表したUKの外交方針書は、ブレアの政策と同様、米国に余りにも追随し過ぎ欧州との関係を損ねる、とのメディア批判も巻き起こった。



Chatham House/riceChatham House2









ついでに、

mi6mi6/2


MI6:
「M 16」というライフルの事ではなくて「エムアイ6」。確か、ミリタリー・インテリジェンスの略称である。UK軍部の諜報部。今確認すると正しくは、イギリス情報局秘密情報部《Secret Intelligence Service》だそうだ。現在では外務大臣指揮下にあり、英国国外での人的諜報活動(ヒューミント)任務を遂行中。今時SPYではとにかくCIANSAモサド(Mossad:イスラエル諜報機関)旧KGB(旧ソ連諜報機関)などが有名だが、ここはまあ、アングロネット・スパイの爺さんという感じだろう。ただし現役である。イギリスというのは、中世以降の欧州のレイシズム混じり(※剥き出し)の無茶苦茶、横暴、無論ここだけでは無いが何と言ってもその中心を為したもので、インド、アジアやアフリカだけでなく1800年代後半から1900年代、中東などでも無茶苦茶をやっている。スエズ運河関連やパレスチナ、当然まあその周辺。そのUKの横暴には、必ずここも噛む事は当然の流れだ。

「007」、ボンドがどうという、横柄なスパイ論妄想簟はここ出身の元スパイの寝言である。
まあ、それも今やCIACIAで、何れにせよ多く蛇蝎の如く嫌われているが。



007/1007/2007/31007/31




更についでだ、そのCIA、NSA、Mossad、旧KGBのシンボル。
以前示した通りCIAがそのヒューミント、人的スパイ活動が中心なのに対して、NSAはクラッキング等々の総合テクノスパイである。まあ、ろくなもんじゃない。


cia2nsa2

mossadKGB








取り敢えず、チャタムハウスが出来、同期してCFR。
CFR、Bilderberg、Trilateral Commission、何れもロックフェラーの肝いりであもり、
この他にも政治・経済メインなglobal 会議なり組織がゴロゴロあるものだが、こうしてやってきて色々見えて来るものがある。




Chatham House(チャタムハウス/Founded in 1920)

CFR(Council on Foreign Rrelation/Founded in 1921)

Bilderberg Group(ビルダーバーグ/Fouded in 1954)

Trilateral Commission(日米欧三極委員会/Founded in 1973)




ここ、重要なのだが、
その他のファンデーションやインスティテューションにフォーラム等、
その他でもその年次というのも、少し気にし、注意して見てみると興味深いものがある






さて、では更に伏魔殿城塞。
二の丸三の丸、本丸へと向かおう。



du pont

デュポン《Du pont》:Founded in 1802. in Delaware, US.
デュポンはその名の通り、米国の有名なフランス系財閥で、その企業。創業者エルテール・イレネー・デュポンがフランス革命を避けて渡米し創業したものという。火薬、化学兵器、核兵器、武器関連の開発武器商として有名だ。Manhattan Project という人類史上の恥ずべき悪魔計画にも参加。

1800年代から、ダイナマイトで有名なノーベル家ロスチャイルド家らと共に武器関連、火薬市場の独占社でもあった



ford foundation

Ford Foundation:Founded in 1936 , headquarters in NY.
有名なFord Motor Companyの Henry & Edsel Ford によって設立されたフォード財団。総資産額は137億ドルとされる。既述のマーシャルプランにも関与し、ビルダーバーグの資金拠出も行っている。CIAとの関与も指摘される
現所長が Luis A. Ubinas(2008)。
前々所長に前述の Franklin A. Thomas(現シティ取締役)などもいる。



メロン、モルガン、デュポン、フォード、ロックフェラーなどは、これまで何度かその名が出て来たが、米国の大きな財閥として何れも有名である。


PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]