忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 200199198197196195194193192191190NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<伏魔殿城塞地下は>

地下要塞は、これまでのものもそうではないかと言えばそれはそうだが、つまり複雑化して見え辛くする事などは手口として同質、即ち表面に露出している部分が、櫓、二の丸、三の丸諸々、その地下に網の目の様に張り巡らされ繋がっている巨大構造であるという事だ。

ネジ巻いて歩いているのがそうだという本質がより見えて来ようか。


そしてこのPNACは、
Bradley Foundation、Sarah Scaife Foundation、John M. Olin Foundation が主に支援主導する。





Bradley Foudation
Bradley Foundation:Founded in 1985, Located in Milwaukee Wisconsin
米コンサバ財団。資産は5億ドルと言われる。財団によれば、連邦研究所や出版物、スカラーシップ・学校選択、教育プロジェクト等の支援をしているという。支援する上記PNAC等が特にそうである様に、明らかにネオコンと呼ばれる foreign policy。ビルにも頻りにイラク侵略を促した。Haritage Foundation、Brookings Institution、Freedom House、American Enterprise Institute 等にも多額の支援をしている。

George C. Marshall Institute も支援している5つの財団の内の一つ







George C. Marshall Institute

George C. Marshall Institute:established in 1984 in Washington D.C.。右派系で珍しい環境問題、温暖化等についても研究している米コンサバ・シンクタンク。サイエンス、テクニカル方面に力を入れているという。その名の由来はGeorge C. Marshall 。地球温暖化懐疑論で知られる。


(この)シンクタンクは、規制を遅らせ抵抗する事を要求し、
副流煙、喫煙の発がん性の健康に対してネガティブな影響、そしてCFCsとオゾン層破壊の関連の証拠等に対して科学的不確実な誤った公共認識を造り出す為の政治的ロビー活動を行った。とこうナオミ・オレスケス(Naomi Oreskes)は言っている。

Naomi Oreskes:California San Diego 大学教授(歴史科学、経済地質学/Science History, Economic Geology)


これは同シンクタンクに対する反論の一部だが、
要は、これらは米政府中央の御用機関だとこの様に批判され目されている訳だ。ちなみに、Exxon関連の財団から多額の支援を受けている

また、
BradleySarah Scaife(Mellon系列)Earhart 等の5財団から支援を受けている。

George C. Marshall
★George C. Marshall(1880〜1959) :軍参謀、国務長官、国防長官。
『Marshall Plan』 で有名。第2次大戦後の(直ぐ1947年)に、米国が推進したヨーロッパ復興計画。対コミュニズム、欧州支配(的)が最大の目的。結果的に欧州は東西冷戦構造そのままに西欧と東欧に分裂する形に。また、チャイナ国共内戦から後のチャイナの成立ちに深く関与していると思われる。

関連財団というか施設に、

George C. Marshall Foundation
George C. Marshall Foundation:in Lexington

Edward C. Meyer:Chairman。元米軍将校/Chief of staff, US Army。朝鮮戦争、ベトナム戦争従軍。Brookings Institution の元 federal Executive fellow。
Brain D. Show:President。Lexington City Council、Rockbridge関連

Edward C. Meyer2Cheney
Meyer 左から2番目

委員に、Armitage、Council of Advisor に Cheneyなんかもいるな
他に、James H. Evans、Colin L. Powell、John C. Whitehead
Whitehead/bloomberg/Frank Zarb/Richard GrassoJames H. Evans
John C. Whitehead   Bloomberg  Frank Zarb  Richard Grasso                 Evans 












Marshall3









Earhart Foundation:
リサーチやスカラーシップの為のファンデーションとしている。米コンサバシンクタンクでもあり。Harry B. EarhartWhite Star Oil Company(油) で為した財により起こした。ヒューマニティーやソーシャルサイエンスに興味がある模様。上記Marshall Institute 支援Foundation。同じく地球温暖化懐疑論で知られる





Heritage Foundation

Heritage Foundation:Founded in 1973, in Washington D.C.
米コンサバシンクタンクで、富豪 Richard Mellon Scaife がフィナンシャルサポートする。Richard Mellon Scaif はピッツバーグ・トリビューン・レビュー(Pittsburgh Tribune-Review)のオーナーでもある。メロンバンク、油、アルミ産業等の財産を受け継ぐ。その他、Olin(下記)、Bradley Foundation(上記)の支援も受ける


Heritage3Richard Mellon Scaife

また、
Margaret Thatcher(サッチャー)関連がパトロンでもあり、元々米英の結び付き強化と、「Freedom」の為に推進されたという。彼女の米国における唯一の公式支援組織
(※フリーダムだと…(ウンザリ)。もう言うまでもないが、アングロネット・グローバル系統の言うフリーダムが単なるインチキだったのは何度も示した。)

Thatcher4









Brookings Institution

Brookings Institution:Founded in 1916, in Washington D.C. のシンクタンク。
これもリサーチやグローバルエコノミー、教育やサイエンス等に興味があるそうだ。中道左派的な方針であるという。が、ブッシュ政権の御用機関化しているとの批判も多い様だ。Heritage Foundation と共に最も有名なシンクタンクの一つ。President に Strobe Talbott で、元CFRメンバー。副Chairman ポストにいるRichard N. Haass、この人物はCFRの現議長も務める。名誉会長が John C. Whitehead。ニクソン政権当時、Nixon's Enemies List(master list of political opponents / 要は反対派)に数えられた。やはりマーシャルプランにも関与している。


Whitehead/bloomberg/Frank Zarb/Richard Grasso
John C. Whitehead   Bloomberg  Frank Zarb  Richard Grasso 

John C. Whitehead:Brookings Institution 名誉会長。元ニューヨーク連銀会長、元Andrew W. Mellon Foundation会長、元NY証券取引所役員
Strobe Talbott:President。上記通り、CFR、それにTrilateral Commission。ビルとも親しいそうな
Richard Haass/bushStrobe Talbott
Haass                   Talbott





PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]