忍者ブログ
http://yumenomatayume.blog.shinobi.jp/
書き綴っていたもの、某所にて公開していた随筆を(幾らか整理して)新たに開設公開。こちらの方は時事や政治、歴史や文化カルチャー等の話が多くなっております。(気分一新大規模改築。ほぼ整ってきたかな。ただ、過去原稿移植は進まず…)全エントリ一覧はまだ設置されていないので、ご不便をお掛けしますがカレンダー及び時系列アーカイブ等から飛んで頂くようお願い致します。製作は大変だねぇ…
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 183182181180179178177176175174173NEXT >
( ※お知らせ )     乗り越えるべきものがある                その向こうにきっと                 光と希望が降り注ぐ未来がある。                    そんな未来に、貴方は生きたくないか                            都合上まだ色々と文も粗く未校訂のものもありまずが、後にまた、割と直ぐに、追々…(笑)、整えていく事とします。早く載せておきたいと思うのでね。御了承の上、ご覧下さい。         順次行う事としたものも一部、数稿飛ばして仮掲載。             所で、カテゴリー・アーカイブは、現在私が参照や確認網羅する為の大変自分本位のものとなっており、本来あれもこれもかなり絡み合っています。これも御了承を。   //    問答          //               Pick up! 安倍おろしの風は、太平洋の向こう側から吹いている(上) Pick up!                 新規書き下ろしに併せ、過去の原稿も随時追加 !!        マジで無精が祟り、過去もの追加は進まず…(苦笑)                      都合上、大変緩慢な更新になりますが、ご承知の上、       ごゆっくりとお楽しみ下さい。                    I'm sorry,,,this blog is written almost in only Japanese.       
続・対位法2
気付きだした事(上中下)
◀ 最近の過去もの追加や追記した物等                   
◀ The latest former Entry added. etc               
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
来訪の足跡
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


<総体認識>

「対位法」より続く。



まず株価等について、日本は、

国内・海外投資家、そしてここで何度も述べている一般個人投資の対象としてもこれらが魅力的というか、やってみようかなあ、と思える状態をにもっていけば良いだけの話だ。経済・金融の底支えをする財政再建を進め、デフレ脱却を模索。マネーサプライもその一つだろう。投資が逃げて行く政策金利のゼロ状態は出来るだけ早く解除し利上げしたい。これは主に円キャリートレード等を防ぐためでもある。国内外の大きな投資機関やファンド、投資家というのもそうだが、日本の場合、超浮遊層のみでなく一般層の投資も増やしたい、開拓したい訳である

 そういった一般投資について日本国民の心理的なブレーキが何からかかっているかといえば、昨今のハゲタカ・ファンド(放火泥棒)と呼ばれる様な一部の悪さする連中によって著しく落とされている投資行動そのものへの不信、そして運用自体に対する不安である。これら前者を改善するのは当然であるし、後者を改善する為に必要なのは経済・金融界の安定から、成長期待でもある。何度も言うがこれをファイナンス、或いは安定させるのは財政でもある。金融政策でもある。そして消費や投資行動に対する安心感を産むのは、安全保障でもあり、そして、社会保障でもあるのだ。


 少子高齢化、将来不安や医療などに対する不安、これらの不安に対して負の加速度が付いた現状維持を決め込んだまま、より善い方法を取らない。これが、近くも遠くもの将来不安を起すので消費行動にも繋がらないのだから、極めて胡散臭い、或いは信用が無いその投資投機への動機、行動へこれが旺盛に繋がる訳がない。日本国民の貯蓄はむしろ過剰な程である(※一般的に1500兆円とも言われる)。つまり、国民総体としては、金は無いのではなく停滞しているだけなのだ

 これらの状況を打破する為に、構造改革とも言われ行われ、文言的には間違ってはいないのだろうが、総体的に「やり過ぎ市場原理主義」方向の規制緩和ばかりに走りながら、貧富二極化が進む中で社会保障というファイナンスを疎かにした為、そしてその社会保障政策を根本から改革する方法をとらずにモルヒネ頼りみたいな事を言っているので、より閉塞感は酷くなっている(あの米国の酷いやり方を見ていてこれが間違っているのはもう充分過ぎる位分かっただろう)。それどころかこれらはその格差社会と言われるものが恒常化する身分定着的・封建社会の方向に向かっている様に見えてくる。いや、まあ実際これは何度も述べて来た様に封建国家の様な方向に進むベクトルであり、連中の悪辣なトリックであったのだ。

で、

(日本では)貯蓄過剰という状態もさして変わりもせず、何だか貧富差は広がって、貧しい方に追いやられた人は高齢者であれ若者であれ本当に貯蓄も収入も低く、それではどうしようもない。(後期高齢者医療問題については、これも中々難しい問題で一概に言えない面もあり、後に続く税制において触れる)。若者であれば、その様な状態で結婚、子育てなどというものは極めて難しい。少子高齢化に直結する。少子高齢化は、当然財政から経済に直結する。つまり年金・医療・福祉等社会保障費の増大と生産規模縮小に繋がりかねない。
教育は、その国の国民の倫理道徳レベル、知的水準、将来世代の可能性、それは政治的にも芸やスポーツの世界でも、そして科学から治安にまでも、あらゆる分野の可能性に直結している。つまり、経済にだって技術革新にだって繋がっているのである。






 今回のオイルショック、いや…何ショックと言ったらいいだろうか。これらにおいて諸々が浮き彫りになって来たのだ。
そして、温暖化等環境問題が相当に現実的な懸念課題となっており、明らかに地球というパイを考えて循環させる政治的努力(ルール/システム)と科学技術の革新が欲しい訳である。紛争・戦争はとにかく邪魔であり、ただ人が幸せに生きたいと願う上でも、これら全ての懸案へのリンクを鑑みても、悪さばかりする

これらを、どんどん紐解いていけば善いのだ。

 国民の自由は出来る限り広く。しかしこれを為すには義務・負担が必ず必要であり、それらを含めたルール、言い換えればそれは規制でもあるが、それは当たり前に必要なのである。つまり、バランスだ。少なくとも、最低限のルールは絶対に守られるべきであり、これは同時に人の尊厳を指す。これが、言うなれば「人権」というものだろう。

何もかもが繋がっているのだ。


PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
プロフィール
HN:
陣 ~ Jin ~
性別:
男性
自己紹介:
音楽が好き。猫の様な性格
早馬 〜 mai l〜
Contact メール
ご用の方はどうぞ。内緒話や大っぴらには出来ない話なども可。面白い話ならば大変喜ぶかも知れません(笑)尚、当然の事ながら広告目的など迷惑メール、スパムメール等は堅くお断り致します。
バーコード
内容著作権の全ては著者である" 陣 ~ Jin ~ "に帰属します 
~ Copyright(c) " 陣 ~ Jin ~ ", All rights reserved. ~
 忍者ブログ Powered by NINJA TOOLS@ SAMURAI FACTORY INC. [PR]